出水中央高校サッカー部で体罰暴力!監督の名前=近野で動画は?

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

とある高校のサッカー部で撮影されたとされる体罰動画がTwitterなどで拡散し、大きな話題となっています。

当初、報道では高校名などが伏せられて報じられていましたが、ネットなどではすでに『出水中央高等学校』と、高校名が特定されています。

今回は、この一連の問題で話題になっている出水中央高校と、体罰を行ったとされる監督などについて取り上げます。


出水中央高校サッカー部で体罰暴力

今回の体罰疑惑については、有名人や著名人なども言及しており、日刊スポーツなどは以下のように報じています。

タレントのJOY(34)が、高校サッカー部の指導者が練習中に部員の生徒に暴力を振るう様子の動画がネット上で拡散されていることを受け、「ひどいな」と思いをつづった。

JOYは10日、ツイッターを更新。ネット上で話題となっている動画を貼り付け、「暴力振るってるコーチか監督か分からないけど、ひどいな」と言及した。

JOYはサッカーで群馬県選抜に選出されるなど、学生時代に打ち込んだ。「こんな指導じゃサッカー嫌いになるし、上手くなるものもならないって」と憤慨。「どの時代も暴力はダメだけど、これだけ体罰、暴力、暴言が様々な所で問題視されている今、何でこれをやってしまうんかな。。」とつづった。

出典:日刊スポーツ

日刊スポーツの報道にあるJOYさんの実際のTwitter発言が以下です。

学校での体罰問題やいじめ問題は近年大きく取り上げられており、つい最近も東須磨小学校での教員によるいじめ問題が発覚したばかりです。

連日大きく報じられている中で、次々に明らかとなる暴力問題に、著名人のなかでも苦言を呈する人はかなり多いです。

監督の名前=近野で動画の出どころは?

今回問題になっている動画は、動画共有SNSであるTikTokに投稿され、そこからTwitterに転載後、一気に拡散したという流れです。

この動画では、監督がサッカー部の生徒に対して殴る蹴るの暴力をふるっている様子が映し出されており、動画を見たネットユーザーからは批判の声が相次ぎました。

公式メディアの報道により、暴力をふるった監督は『42歳の男性教諭』ということが判明。

実際に出水中央高校のサッカー部公式ページを見てみると、スタッフ紹介が掲載されており、そのトップに監督が顔写真付きで掲載されていました。
出水中央高校サッカー部公式ページ

名前は近野隼人さんといい、2001~2007年に鹿島学園高校サッカー部でコーチ、その後に2007年から現在の出水中央高校で監督を務めているということです。

一応、プロフィールに現職とは記載があるものの、監督の生年月日などについては掲載されていないため、報道にある『42歳』という情報との整合性を照らし合わせることはできません。

そのため、あくまでも現時点では、『出水中央高校のサッカー部監督=近野氏(ホームページ情報による)』という事実のみです。

ホームページが更新されておらず、現時点の実際の監督とホームページ掲載の監督が違うという可能性もあるので、あくまでも参考程度にとどめておきましょう。

出水中央高校ってどんな高校?

ちなみに、今回問題になっている出水中央高校とはどのような高校なのでしょうか?

学校情報ポータルサイト『みんなの高校情報』などによると、上掲の通り、偏差値の幅がかなりあることがわかります。

鹿児島県出水市西出水町448に所在している全日制の高校で、普通科特進、普通科教養、普通科普通、看護学科、医療福祉科など、数多くの学科が併設された高校です。

高校の評価口コミ自体は決して低くなく、どちらかといえば高めです。

出身者の欄にも、元プロ野球選手の青木和義選手や、サッカー選手の福満隆貴などの名前があり、スポーツでも有名な高校であることが伺い知れます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

学校が、有名でもこういう指導者と縁を切ることですよ。

「反社会勢力」と同じく、「利用しない・恐れない・お金を払わない」の三ない運動を徹底するのです。

学校が毅然とした態度を取るしかないでしょう。

根本的解決ではないけど
今の時代、詳細な記録が意図せずとも証拠として残り、
それが今後一生ついて回ることを認識したほうが良いね
昔はバレなかったことが一瞬で広がる

体罰、暴力、暴言を受けて育った世代がいなくなり、受けずに育った世代が指導者になる頃でないとダメだろうな。
以前に落合博満さんが「数十年後くらいじゃないと無くならない」と仰ってたのがそういう意味だろう。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。