沢尻エリカのスターダストとの重大な契約違反は何?薬物疑惑か

不正疑惑

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

今から10年ほど前に、沢尻エリカさんが所属事務所から契約解除を告げられたニュースを覚えているでしょうか?

当時、このニュースは大々的に報じられ、さまざまな憶測を呼びました。

というのも、そのとき所属していた事務所であるスターダストプロモーションが公表した専属契約解除の理由が『重大な契約違反』だったからです。

結局事務所側から具体的な内容については明かされませんでしたが、それから10年ほど経ってまさかの逮捕。

これについて週刊誌も報道しており、ネットでは話題となっています。


沢尻エリカは2009年にスターダストと契約解除

今回の件について、東スポは以下のように報じています。

現在はエイベックス・マネジメントに所属しているが、その前に所属していたのはスターダストプロモーションだった。だが、ちょうど10年前の2009年9月末「重大な契約違反があった」として契約を解除された。

当時は「重大な契約違反とは何なのか?」と大きな話題になった。沢尻容疑者が契約解除された前月の8月には、歌手・酒井法子が薬物容疑で、元俳優・押尾学氏も同容疑で逮捕されただけに「沢尻がクビになったのも薬物か?」ということは、当時からまことしやかにささやかれていた。

今回、沢尻容疑者が「薬物を10年以上前から使用していた」と供述したことで「重大な契約違反」は薬物問題だった可能性が高くなった。芸能関係者からは「沢尻容疑者が逮捕される事態になった以上、スターダストは当時の契約違反について説明すべきではないか」との声が強まっている。

出典:東スポ

報道にある通り、沢尻エリカさんは2009年9月30日付けで、当時所属していたスターダストプロモーションとの専属契約を打ち切られています。

そのときに公表された理由が『重大な契約違反』。

東スポでは、沢尻エリカさんが逮捕された現在、この当時の『重大な契約違反』とは薬物だったのではないか?と指摘しています。

世論からもこの疑惑はほぼ確実だろうという見方が強まっており、今後の展開が注目されています。

『重大な契約違反』とは何だったのか?薬物疑惑か

スターダストプロモーションが契約解除を発表したのが2009年9月30日。

そこから沢尻エリカさんは2010年の春まで芸能活動を休止していました。

芸能活動休止の理由や復帰の理由などについても具体的な内容が話されていないことについて、不思議に思った人も多いはずです。

もし、この疑惑が本当なのであれば、10年前の契約解除の段階からスターダストプロモーションはこの事実を知っていたということになります。

知っていて警察に通報しなかったことに対して問題視する声も大きく、この話題が加熱すれば当然スターダストプロモーション側にも説明責任が生じるでしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

事務所が躾てなかったから別に‥という態度に。
小さい頃普通に育ってたらあの場であの態度はしないでしょ。
ましてや3歳4歳の子供ちゃうんやから。
事務所の躾以前の問題。

スターダストが育て方を間違えたのは本当だと思う
歌とかやらされて嫌だったのか、仕事詰め込まれ過ぎたのか
きっかけを作ったのはスターダスト時代
エイベックスは松浦さんも疑惑で、クスリを引き合いに脱がせたとか読んだけど
結局はお金になればいいのか
スターダストとエイベックスに通報の義務しない罪はないのかと思う

特に美貌とは感じません。
性格が表面に出ている印象で、好感を持てませんでした。
まあ、もうこの事件で芸能生活は終わりでしょうが。
仕事のオファーなんて来ないでしょう。

スポンサードリンク