【顔写真】原田隆司(豊田市議)の経歴&学歴!ガラケー女拡散で裁判沙汰

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

常磐道で起きたあおり運転で、加害者の男性と携帯電話で様子を撮影していた同乗者の女性が逮捕されたのは記憶に新しい事件です。

この事件を巡っては、容疑者が逮捕される前にネットなどでデマ情報が拡散したことが問題視されており、そのなかでも特に『ガラケー女』としてデマ情報を流された女性に大きな被害が及びました。

デマ情報を拡散したのはほとんどが一般人でしたが、そのなかには公職に就く政治家もいたということで、大きな話題となっています。

今回は、ガラケー女のデマ情報拡散で提訴されている原田隆司(豊田市議)について取り上げます。


原田隆司(豊田市議)がガラケー女拡散で裁判沙汰に

今回の件について、朝日新聞などは以下のように報じています。

茨城県の常磐自動車道で今年8月、会社員男性があおり運転を受け殴られた事件をめぐり、加害者の男の車に同乗していた「ガラケー女」とのデマをネット上で流され名誉を傷つけられたとして、東京の会社経営の女性が愛知県豊田市の原田隆司市議(57)に慰謝料100万円を求める訴訟を東京簡裁に起こした。

提訴は21日付。訴状によると、原田市議は自らのフェイスブックに、事件とは無関係だったこの女性と男の写真を容疑者として掲載。「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだ。「公的な立場で積極的な拡散を試みた行為は悪質」と訴えている。

原田市議は取材に対し「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。おとしめるつもりはなかった」と釈明。知人から女性は無関係と指摘されて数時間後に削除したという。女性側からの慰謝料を求める通知には謝罪の手紙を送ったが、訴訟については「弁護士を通じて対応する」としている。

出典:朝日新聞デジタル

報道によると、愛知県豊田市で市議会議員を務める原田隆司氏は、自身のFacebookでデマ情報を拡散した疑いが持たれています。

拡散した情報自体は自らが流したわけではなく、Facebook上で流れていた容疑者情報を、原田氏が拡散したという経緯です。

近年、SNSの広がりとともに、デマ情報や誹謗中傷などの拡散炎上が大きな問題となっています。

流れてきた情報を拡散しただけだったとしても、その情報がデマ情報であった場合、拡散した人にも名誉毀損罪は成立するとした判例もあります。

細かい状況によって司法の判断は分かれるところではありますが、今回の原田氏の件については、公職にあるものとしての自覚の欠如なども問われそうで、慰謝料の支払いは必須と見られています。

原田隆司(豊田市議)の経歴や学歴は?顔写真あり

原田隆司氏は、愛知県豊田市議会で議員を務める政治家です。

学歴は、トヨタ工業学園→つくば開成高校に編入(公式Facebookより)。

過去には日本商工会議所青年部の会長などを歴任していたようです。

自身のFacebookなどによると、2019年10月27日現在、自己紹介文のところに以下のような謝罪文が掲載されていました。

現在もFacebookの更新頻度はかなり高く、1日数件の更新が行われる日もあります。

ただ、直近の投稿のほとんどは台風被害などに関するものであり、当該事件に関するコメントなどは今のところ公表されていません。

世論からは辞任を求める声が殺到

今回の事件によってデマ情報を拡散された被害女性の立場からすれば、訴えて当然の事案といえるでしょう。

ただ、実際にネット上で情報を拡散した人物を全員提訴することは、現実問題としてなかなか難しいと思われます。

今回、原田市議が提訴されたのは、公職にある政治家という職業であるという点は非常に大きいと思われます。

実際、世論からは『原田市議への処分をきっちりとすることが、今後の抑止力につながるはず』という声も多く上がっており、厳罰を求める声も出てきています。

法的な責任だけでなく、市議の即時辞任を求める声も上がるなど、ネットでは半炎上状態となっており、今後の裁判と原田氏の発言に注目が集まるとこです。


2019年10月30日に、原田隆司市議が記者会見で正式に謝罪を行いました。
慰謝料100万円が求められているということも会見で話しており、会見に至るまでの経緯なども話していました。

原田隆司市議は、報道が流れた直後から一般の人からひっきりなしに電話がかかってきて、そのほとんどは無言電話などのいわゆるいたずら電話だったといいます。
ちなみに2019年11月現時点で、議員辞職はしていないようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

人を疑うことには一定の責任が生じます。また当事者ではなく、信用するに足る確固たる証拠もないのにそれを不特定多数の人に拡散するのは一般人でもダメです。更にそれが発言に影響力のある市議だとすれば大問題だと思います。それこそ謝罪で済むなら警察も司法も世の中に必要ありません。

デマの被害にあったこの女性、本当に大変だったみたいですね。
裏付けも取らず、軽い気持ちで拡散するとこうなるといういい例でしょう。今後の抑止力になってほしいです。
しかし市議ともあろう者が軽率すぎますね。

真実なのかそうじゃないのか判断するのは自分自身。その情報を拡散するのかしないのかもその人の判断で、この原田市議がとった行動ですからご自身は責任をしっかり負うべきだと思います。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。