田中厚志(松原市議会+ATS社長)の経歴と高校大学(学歴)は?嫁と旅行で辞任?

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

大阪府松原市で市議会議員を務める田中厚志氏が、議会を仮病で休み、妻と沖縄旅行に行っていたとして話題になっています。

田中市議は大阪維新の会所属の議員でしたが、今回の一件が明るみに出たことで、大阪維新の会から離党し無所属議員となりました。

今回は、仮病騒動で大きな話題を呼んでいる田中厚志市議について取り上げます。


田中厚志市議が大阪維新の会から離党

今回の件について、MBSなどでは以下のように報じています。

大阪維新の会に所属する大阪府松原市の市議会議員が、今年3月に本会議を体調不良を理由に欠席しながら、妻と沖縄旅行に行っていたことが分かりました。MBSの取材に対して市議は「バレなければいいと思った」と話しています。

大阪維新の会に所属する松原市の田中厚志市議(42)は、今年3月に本会議が開かれた際、「体調不良のため欠席する。家で養生する」などと妻を通じて維新市議団に連絡して欠席しました。ところが、本当はその日の夕方から妻と2人で沖縄へ2泊3日の旅行に行っていました。今年7月になって維新の会に旅行を告発する投書が届き発覚しました。

9月10日午前10時前、MBSの取材に応じた田中市議は…。
「バレなければいいという思いでした。体調は本当に悪かったので。(Qでも旅行は行けたんですよね?)ちょっとお腹を下していたということだったので。(Q髪の毛切られた?)はい。切りました。髪を切ったからといって反省してるとはならないですけど、まず自分のできることをしようと思いました。」(松原市 田中厚志市議)

出典:MBS

報道にある通り、田中市議は本会議を体調不良で休みながら、その間に妻と沖縄旅行に行っていたことが明らかになりました。

MBSの突撃取材に対しては、『バレなければいいと思った』と語りながらも、『体調が悪かったのは本当』とも語っています。

ただ、税金で活動している議員という職にありながら、仮病とも取れるような行動が発覚してしまったことで、世論からは非常に厳しい声があがっています。

現在は無所属で議員活動を続けると公表していますが、世論からの批判はかなり厳しく、辞職に追い込まれる可能性も捨てきれません。

田中厚志(松原市議会)の経歴は?ATS社長

田中厚志市議は、1976年11月13日生まれの松原市議会に所属する市議会議員。

松原市議会での議員番号は2。

田中市議はリフォームや増改築などを請け負うATSという会社の代表取締役も務めており、会社HPでは代取の挨拶として以下のように記載されています。

『お客様の声を第一に。』

施工をするにあたって大切なことは、お客様とのコミュニケーションだと思っています。

初めてのリフォームではわからないことばかり…。

不安も沢山だと思います。そういったお客様の不安を一つずつ解消していき、「ATSに頼んでよかった!」と思って頂けるよう、丁寧で迅速な対応を心がけております。

どんな些細なことでも気軽に相談してください。もちろん、完成後のアフターサービスもしっかり行っております!

「お客様の声を一番に。」それが私達、株式会社ATSのこだわりです。

出典:株式会社ATSホームページ

ただ、会社HPにも松原市議会のHPにも、詳しい経歴は記載されていませんでした。

現在分かっている経歴は以下の通り。

・松原市消防団所属
・株式会社ATS代表取締役社長
・浦野靖人事務所秘書

浦野靖人氏は、大阪維新の会所属の当選3回(2019年現在)を数える衆議院議員です。

田中市議は、2018年9月2日開票の松原市議選で13位で当選。

このとき、大阪維新の会所属の候補は3名出ていましたが、いずれも松原市議戦で当選を果たしており、そのうち平野良子氏がトップ当選を果たしています。

高校大学などの学歴は?

議員ということで、学歴などについても話題になっています。

ただ、こちらも公式で発表されている情報は今のところありません。

今後最新情報が分かり次第、追記させていただきます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

妻の事を本当に思うのであれば嘘をついて一緒に行くと言う選択は無いと思う

議員を辞職する必要ないのかな。。
身を切る改革をする党にいて、身を切らない事をしたんだから。離党で済む話ではないと思います。

迷惑かけたのは党ではなく有権者なんだから、辞任が妥当な対応なのでは?
活動を続けたいのであっても、一度選挙のみそぎを受けるべき。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。