【退学理由は替え玉?】入澤優(モデル)の医学部の彼氏!実家の病院名は?

タレント

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

Twitterを中心に話題を呼んでいるモデルの入澤優が最近炎上ツイートが頻繁だとして話題になっています。Jcastは以下のように報道。

歯科大学からの「退学騒動」で知られるモデルの入澤優さん(26)がここ最近、まるで周囲からの批判を待っているかのように、過激で挑発的なツイートを連発している。

これまでも、数々の「炎上ツイート」で世間の注目を集めてきた入澤さん。それだけにネット上では、今回の彼女の言動について「炎上芸だから触らない方がよい」と冷めた目で見るユーザーも出ている。

各ジャンルの大物や人気者に対してディスりを繰り返し、初めの頃は炎上していました。

炎上させることで売名をし、知名度を高める戦略だったと思われますが、ここにきてその戦略が見抜かれつつあるようです。

今回は退学騒動などで何かと話題に上る入澤優さんを取り上げます。

スポンサーリンク


退学理由は替え玉?入澤優の彼氏は医学部?

そもそも入澤優さんが認知され始めたのは歯科大学の退学騒動です。

しかし、最近はそれよりも炎上ツイートで大きな話題を呼んでおり、一部のネットユーザーからは『どこを目指しているの?』というような疑問を投げかける声も多く聞かれます。

そんな入澤優さんが実際にTwitterへ投稿した炎上ツイートの一部を見てみましょう。

「高須先生って10億かけて整形したんだって、優は整形に2万円しか出してないのに美人 やっぱり元は大事だね」

「あー勉強くそだる メルカリで代行頼もっかな」

「大阪でリアルプリズンブレイクしている人ほんと好き 逃げ切ってwww」

「1枠余ってる????!  よし私が新しくももクロのメンバーに加わろう」

炎上を嫌うタレントや芸能人は多いですが、どのような手段であれ炎上して名前が広まれば認知されます。

この認知というのが芸能人にとってはとても重要で、名前も知られず認知されていないよりも、悪いイメージでもいいから認知されている方が100倍マシというのが定説です。

若い女性では珍しい炎上商法ですが、いずれにしてもニュースで取り上げられているということは彼女の思うつぼなのかもしれません。

また、冒頭にも記載したように彼女は歯科大学の退学騒動でも大きな話題を呼びました。

入澤優さんが退学処分になった際に懲戒の貼り紙を撮影した一般ユーザーがネットに投稿したものです。

この退学理油がネットでは大きな噂になりましたが、そこに関係しているのが彼女の彼氏といわれています。

入澤優さんの彼氏は東京大学の医学部(理科三類)で、その彼氏に大学内部で行われたテストの替え玉受験を頼んだとされています。ただこの件について2人は以下のようなコメントをTwitterに書き込んでいました。

退学になったのはあの東大生が私の代わりに勝手に授業を受けたからです。
大学の先生も信じてくれなかったです。

— 入澤優 (@penchan0327) 2017年5月26日

入澤さんには何も頼まれておりません。
何かあったとしたなら僕が自主的にしたことだと思います。

— 東大12回生 (@oyahukou_12) 2017年5月26日

彼氏と思われる方のTwitterアカウントは2018年9月現在消されており、入澤優さんのtweetも消されているようです。

入澤優さん本人は退学理由を『モデル活動に集中するため』としていましたが、自主退学であれば懲戒とはなりません。それを考えると、この噂は近からず遠からずと言った感じかもしれませんね。

実家の病院名はなに?

スポンサーリンク

入澤優さんのお父さんは医師であり、実家は総合病院を経営しているといいます。

ネットの情報では、テレビ出演をした際に実家は埼玉県の総合病院を経営しているといっていたという情報がたくさん出てくるものの、この発言をいつどの番組でしたのか?ということがわからないため、信憑性に乏しいです。

さらに、このことから埼玉県出身であるという噂も流れていますが、実際は千葉県出身です。これは所属事務所であるTifana Entertainmentの公式プロフィールにも記載されています。

実家の病院名に関しても苗字が同じだけで福島県喜多方市にある病院が彼女の実家なのではないか?というような趣旨の書き込みも散見されますが、こちらも確かな確証はありません。

もし仮に本当の実家ではなかった場合、彼女のキャラ的にも病院側のイメージは悪くなると思われますので、不正確な情報は信じないようにしたいものですね。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。