週刊ポスト新聞広告=韓国なんていらないで炎上!ヘイト記者は誰で名前を特定?

コラム

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

小学館が出している週刊ポストで2日に特集された『韓国なんていらない』という記事が大きな批判を集め、話題となっています。

すでに同誌は謝罪文も公表しており、ネットでも大炎上している状況です。

今回は、韓国批判の明らかなヘイト記事を出してしまった週刊ポストについて取り上げます。


週刊ポスト新聞広告『韓国なんていらない』で炎上

週刊ポストの韓国批判記事に関する一連の騒動については、デイリーが以下のように報じています。

「週刊ポスト」は2日、同日発売の同誌特集「韓国なんて要らない」の一部内容が、誤解を広めかねないものであったとして、同誌のウェブサイト「NEWSポストセブン」に謝罪文を掲出した。

 同誌編集部名義での「週刊ポスト9月13日号掲載の特集について」とした文面で、「週刊ポスト9月13日号掲載の特集『韓国なんて要らない!』は、混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたものですが、多くのご意見、ご批判をいただきました」と物議を醸した経緯を説明。

 そのうえで「なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。お詫びするとともに、他のご意見と合わせ、真摯に受け止めて参ります」とした。

出典:デイリー

すでにご存知の方も多い通り、昨今の日韓関係は近年稀に見る冷え込みをみせています。

そんななかで、日韓両国のメディアは双方の国の批判を展開しているものの、今回の週刊ポストの記事はさすがに下品すぎるとの声が多く上がりました。

ただ、Twitterなどでは、『多くの国民感情を代弁しているだろう』という意見も多くあり、賛否両論わかれているような状況です。

ヘイト記者は誰で名前を特定?

ネットでは週刊ポストに対する批判はもちろんのこと、そこから派生して『この記事を書いた記者は誰なのか?』という点についても話題になっています。

実際にポストセブンが掲載した謝罪文を見てみると、以下の通り『週刊ポスト』編集部名義で謝罪文が掲載されました。

そのため、現時点ではこの記事を書いた人物(記者)が具体的に誰なのか?については不明です。

今後、個人レベルでの特定が行われた場合には、こちらでも随時追記させていただきます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

多数の日本人の思いを代弁してくれてる、いい記事だと思うけど。

韓国批判が良くないことみたいな考えが蔓延っている方がおかしいと思う、大衆の声を表現していると思います

韓国寄りのメディアやテレビ、コメンテーターがいる中でこうした意見があってもいいと思う。必要以上に差別的であってはいけないかもしれないが事実なら書けばいい。また韓国の現状、過去のこれまでの経緯、そしてそれらをふまえた未来を考えるとそこまで間違ってるようには思わないのが正直なところです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。