名古屋:守山東中学校が稲武練習で火傷ニュース!浅井校長や先生は誰で名前や顔画像は?

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

名古屋市立守山東中学校でファイヤートーチの練習中に生徒が火傷を負いました。

この生徒に対して、担当の先生が『自業自得』などと発言していたことが分かり、物議を醸しています。

今回は、ネットでも炎上状態となっている守山東中学校の火傷問題について取り上げます。


名古屋:守山東中学校が稲武練習で火傷ニュース

この件について、朝日新聞デジタルなどでは以下のように報じています。

名古屋市立守山東中学校の2年生の男子生徒が火のついたたいまつを回す「トーチトワリング」の練習中に、やけどを負っていたことが中学校への取材で分かった。

事故後、男性教諭が生徒に「自業自得」などと暴言を吐いていたこともわかり、中学校の校長は「事故が起きてしまい大変申し訳なく思っている」と話している。

中学校によると、男子生徒は7月26日夕、校庭で他の同級生約30人と林間学校で披露するトーチの練習をしていたところ、トーチの火が長袖の右腕部分に引火。バケツの水で消火したが、生徒は腕にやけどを負った。また、男子生徒は病院で治療を受け、母親と学校に戻った際に男性教諭から、「自業自得」「罰が当たった」などと暴言を吐かれたという。

出典:朝日新聞デジタル

報道によると、守山東中学校の2年生の男子生徒がトーチトワリングの練習中にやけどを負ったとのことです。

すでに中学校側は校長名義で謝罪をコメントを発表していますが、ネットでは対応の遅れと、男性教諭の自業自得などの発言に対して非難が殺到しています。

守山東中学校では、毎年中学2年生の恒例行事として稲武野外学習というものがあり、トーチトワリングがこの野外学習で披露するためのものでした。

Twitterなどでは、そもそも学校行事で危険なトーチトワリングをやる必要があるのか?という疑問や、卒業生の人たちからのコメントで半炎上状態となっています。

浅井校長や先生は誰で名前や顔画像は?

守山東中学校の浅井校長は、東海テレビの取材に対して以下のようにコメントしています。

「こちらの配慮不足だったと思います。もう少し早く連絡しなきゃいけなかったんですけど、ケガの程度も最初はそこまでとは思っていなくて(市教委には)連絡はしなかった」

ただ、実際の怪我の状態は結構のもので、公開された画像では腕の広範囲に渡って火傷が広がっていました。

適切な治療をしたとしても、火傷の後は相当程度残る程の火傷です。

一方、ネットでは実名が公表されなかった自業自得などと不適切発言をしたとされる男性教諭についても話題に。

現在のところ、名前や顔写真などは公表されていませんが、地元掲示板やTwitterなどで今後、内部の告発がある可能性は高いでしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ファイアトーチ自体やる必要がわからないです。リスク高すぎますね。大怪我をした生徒さんの傷が大きいし、深いです。怪我をした生徒さんの親御さんに対する対応も不適切。学校ってそういうところなのですかね、、、不信感つのります。

中学の時に稲武は行ったが、ファイアトーチはやった記憶がない。
キャンプファイアーはやった記憶がある。
学校によって違うのだろうか。
こんな大やけどをする危険性があるならやる必要ないのでは?

先生の言うことを聞かずに、生徒単独でやったことなら罰当たりかもですが、先生がついていながらの事故なら報告しなきゃだめでしょ。火傷を甘く見ちゃいけないよ。
きれいに完治するといいね。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。