木下章広(富山市議会議員)の家族や大学(学歴)と郵便局などの経歴!自宅住所と結婚して妻はいる?

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

 辞職ドミノが起きた富山市議会でまた不祥事が起こりましたのでお伝えいたします。

チューリップテレビでは次の通り報じています。

 辞職ドミノが起きた富山市議会で、また不祥事です。

 1人会派・創政改拓(そうせいかいたく)の木下章広(きのした・あきひろ)議員が不祥事を起こしていたことがわかりました。

 木下議員は、1日事実を認めて謝罪しました。

 土下座で謝罪する1人会派・創政改拓(そうせいかいたく)の木下章広(きのした・あきひろ)議員(36)。

これは、1日開かれた富山市議会の各派代表者会議での一幕です。

 この日の議題は『議会事務局執務室の出入りについて』。

 議題の発端となったのは木下議員の女性職員に対する問題行為でした。

 「木下議員は6月25日の夜、こちらの議会事務局の執務スペースに侵入したということです」(記者)

 議会事務局などによると、木下議員は先月25日午後7時半ごろ、議会事務局の執務室に侵入し、女性職員の机を物色しているところを女性職員本人が目撃したということです。

 議会事務局などが木下議員に尋ねたところ侵入の事実を認め、この件以外にも去年11月以降、深夜・早朝や週末に何度も執務室に入り複数の女性職員の机を物色していたことが明らかになりました。

さらに、木下議員はおととし5月ごろから去年6月にかけて複数の女性職員の携帯電話に私的なメールを送り、議会事務局からやめるよう注意を受けていました。

 1日の会議ではこうした木下議員の問題行為について公明党の堀江かず代議員が厳しく追及しました。

ネットでは批判の声が相次いでいます

問題となった会議のやりとりを次に載せています。


木下章広(富山市議会議員)が不祥事

富山市議会議員の木下章広が起こした不祥事は夜間に無断で市議会事務局に侵入し、女性職員の机を物色したというものでした。

7月1日に開かれた富山市議会の各派代表者会議での一幕で、公明党の堀江かず代議員が厳しく追及したことに対し次のように驚くような発言がされています。

いつごろからなぜ深夜に」(公明党・堀江かず代議員)

 「私物化して使っていた」(木下議員)

 「なぜ女性職員の机を物色」(公明党・堀江かず代議員)

 「興味本位で」(木下議員)

 「耳を疑う行為。辞めるべき」(公明党・堀江かず代議員)

 公明党以外の各会派からも厳しい意見が相次ぎました。

 「残念。出処進退は自分で」(自民党・村家博議員)

 「驚き隠せない」(光・上野蛍議員)

 木下議員は辞職ドミノ後の2016年に行われた補欠選挙で初当選。

 今年2月には政務活動費の不正問題で辞任会見を開いた村上議長に対し、こんな発言も。

 「真実が知りたいんです。市民も私たちも」(木下議員)

 しかし、今回の問題では侵入の動機についてあいまいな答えが─。

 「腐ってた。自分でもわからない」(木下議員)

 「メール送ったり机物色する行為がストーカー行為との認識は」(記者)

 「なかったです」(木下議員)

 問題行為発覚の翌日に「二度としない」といった誓約書を議会に提出した木下議員。

 議員辞職については…「考えたい」(木下議員)

 議会事務局は警察への被害届も含めて対応を検討しているということです。

大学などの学歴と郵便局勤務などの経歴

木下章広議員は偏差値が70もある富山中部高校出身です。

富山県内では一番の偏差値の高校を卒業しています。

その後、木下議員は富山大学に入学、卒業を経て日本郵政株式会社に勤務していましたが、その途中2016年の選挙に当選し、富山市議会委員となりました。

結婚して妻はいる?自宅住所と家族について

木下章広議員に結婚や奥さん(妻)がいるかなどの情報はありませんでした。

そもそも既婚者でしたら、今回の問題はもっと大きな問題になっていますよね。

もし結婚されていたら、妻になんていうのでしょうか。

生年月日:昭和57年7月7日(36歳)

所属会派:創政改拓(そうせいかいたく)

住所:富山県富山市長江一丁目

住所は富山市長江一丁目に住んでいることがわかっています。

ご家族と同居されているのかまではわかりませんでした。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。