三輪光(柔道)に体罰疑惑?wiki経歴や過去交通事故で大学はどこ?

不正疑惑

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

ヤンキー先生や熱血教師としても有名な三輪光(みわひかり)氏が、高校の柔道部で体罰疑惑が浮上し自宅待機を命じられているといいます。

三輪氏はメディアにも多数出演しており、全国的にも大きなニュースになっているようです。

今回は突如報じられた三輪光氏の体罰疑惑について、詳しく取り上げていきます。


三輪光(柔道)に体罰疑惑が報じられる

今回の件について、産経新聞は以下のように報じています。

全国高校定時制通信制大会で10連覇したこともある兵庫県立飾磨工業高校(同県姫路市)の多部制柔道部で、昨年末に部員の生徒10人が顧問3人から体罰を受けたと訴え、学校側が部活動を休止し、3人に自宅待機を命じていることが20日、学校関係者への取材で分かった。学校は「体罰など不適切な指導があった」と認め、県教育委員会に事態を報告した。

同校によると、自宅待機を命じられているのは、「熱血教師」として著書もある三輪光(みわ・ひかり)教諭(55)と、三輪教諭の長女で20代の非常勤講師、20代の男性講師。昨年12月に姫路市で行われた大会で成績が振るわなかったとして、顧問が1~2年生の部員を叱責したところ、10人が集団で家出した。すぐに発見されたが、その際に体罰を受けたことや、練習時間の長さなど厳しい指導があったことを学校側に訴えたという。

報道によると、三輪氏は自身が顧問をつとめる高校の柔道部の生徒に不適切な指導をした疑いが持たれていると言います。

この問題は部員の生徒が学校側に訴えたことによって発覚したようです。

事態を重く見た学校側は2月20日現時点で三輪氏を自宅待機処分としているとのこと。

ただ、今回の疑惑についてはあくまでも三輪氏の自宅待機という事実を報じたものであり、三輪氏側のコメントは公表されていません。

現時点では一方的な報道であるため、今後本人から何かしらのコメントが出されるのかに注目が集まっています。


補足

三輪氏はメディアや書籍などで教育に関する名言をいくつも残しています。

そのなかには、体罰に関するものがありました。

『生徒は言葉で理解できるはず。体罰は顧問のうっぷん晴らしとしか思えない。』

今回の疑惑が事実だとすれば、このような言葉を残している人物が起こす不祥事とは、にわかには信じがたいものです。

三輪光のwiki経歴や出身大学はどこ?

三輪光氏は、1964年10月14日生まれの兵庫県姫路市出身。

出身大学は国際武道大学

兵庫県立飾磨工業高校に長年在籍し、不良と呼ばれる問題児を柔道を通して更生させてきたことで有名になりました。

ヤンキー先生などの異名でも知られており、メディアへの出演歴も多くあります。

画質は悪いですが、過去に放送されたバラエティ番組を映した動画がYouTubeに残されていました。

彼の著書『チンピラちゃうねん、教師やねん。』に掲載されている略歴は以下の通り。

1964年10月、兵庫県姫路市出身。国際武道大学を卒業後、1989年4月に同県立相生産業高等学校に赴任、体育教師となる。その後、同県立明石南高等学校を経て、現在は同県立飾磨工業高等学校体育科教諭・柔道部監督。同校柔道部は全国高等学校定時制通信制体育大会・柔道男子団体で、七連覇中。

ちなみに、2020年2月20日現在、三輪氏のWikipediaページは存在していません。

過去の交通事故ってどんなものだった?

三輪氏については掲示板などを見ると、『過去に交通事故を起こしていた』というエピソードが語られています。

これについて調べてみると、とあるページに交通事故に関する記載がありました。

大学四年時の春。三輪は交通事故を起こしてしまう。闇の中、突如として浮かび上がった人影を避け切れなかった、不運な事故だった。絶望感にうちひしがれ、抜け殻のようになっていた三輪を救ったのが松本だった。

教え子のために東奔西走し、未来ある若者のために力を尽くした。自滅しかねないほど落ち込んでいた教え子を、どん底から救い上げた恩師。三輪は人生のターニングポイントともいえる、この大きな出来事をきっかけに、松本の大きな大きな背中を追いかけるようになった。

自分が救い上げてもらったように、いつか自分も路頭に迷う人々を救い上げ、光射す方向へ導きたい――。

出典:ベースボールマガジン社WEB

これだけではどれほどの事故であったのかは不明ですが、記載内容から人身事故であることは間違いないようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

私はこの学校の卒業生であり、知り合いに柔道部員がいますが、確か本人からの暴力があったとも聞いております。
他には部下の教員を四六時中、パシリにして、家に帰れないくらいだったようであったり、部下に教え子を殴るよう要求、就職の支援の礼として、お金を要求。
生徒のお金を横領している可能性がある等、余り良くない事をしているようだとも聞きました。
なので、今回の件が明るみになって、私は良かったと思いますし、母校の問題が少しでも解決する事を祈ります。
そして、明るみになっていない横領や他の教員達への仕打ちが事実なら相応の罰を受けて頂きたいと思います。

ようやく素性が世間に認知されましたね。
私はこの方から受けた理不尽を生涯忘れる事は無いでしょう。この件でそれ相応の報いがあれば因果応報と言う事でしょう。

今まで取り上げられなかったのが信じられない!
柔道部遠征費など、いると言えば払わなくてはならない状態を利用し、親から二重徴収で小遣いにしてる
バレバレだけど、子を預けてる親からすると従わなければならなかった
この機会にすべて洗いざらいにする事が学校の為である

スポンサードリンク