【引退理由】ベナユン(サッカー/チェルシー)が病気?プレースタイル動画

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

リヴァプールやチェルシー、アーセナルなど数々のビッククラブでプレーしたヨッシ・ベナユン現役引退を発表しました。フットボールチャンネルなどによると、以下のように報じています。

プレミアリーグの複数のビッグクラブなどでも活躍したイスラエルのMFヨッシ・ベナユンが、38歳での現役引退を表明した。自身のインスタグラムアカウントで11日に発表を行っている。


母国イスラエルのベイタル・エルサレムに所属していたベナユンは、「サッカーは自分から切り離せない部分。これだけのキャリアを過ごしてきても引退を決断する準備は十分にできてはいなかった」と現役生活への別れを惜しんでいる。

イスラエル代表では同国歴代最多の102試合出場、2位タイの24ゴールを記録。代表での出場は37歳だった2017年10月が最後となったが、「代表引退はしなかった。プレーする準備は常にあったからだ」と述べている。

非常に切れ味の鋭いドリブルをする選手で、そのテクニックは世界的に評価されていました。

日本のサッカーファンからも労いの言葉が多く聞かれます。


引退理由は病気?ベナユン(サッカー/チェルシー)が現役引退を発表

今回引退が発表されたのは、プレミアリーグなどのビッククラブで活躍したヨッシ・ベナユン選手

38歳という年齢での現役引退をサッカー選手として平均的ではあるものの、まだまだ活躍できたのではないか?という声もちらほら聞かれます。

それと同時に、引退理由は何?という声も多く聞かれます。

たしかに、報道の中では引退理由について何も明言されていません。

海外メディアや所属クラブチームの公式発表でも理由については何も書かれてないことから、『病気?』という噂も広まっているようですが、現段階で彼が何らかの病を患っていたという経歴はありません。

おそらく体力に限界を感じての引退だったのでしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

苦しい時にアーセナルを助けてくれたベナユン
1シーズンだけだったけど忘れないよ
ありがとうお疲れ様

ベナユンリヴァプールで活躍したね
久々に彼の名前を聞いて懐かしく感じたね

ベナユンがディフェンスに顔蹴られながらヘディングで押し込んだ試合見て海外サッカーに嵌りました
お疲れ様でした

現役時代のプレースタイル動画

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。