【引退?】ジャンルイジブッフォン(パリサンジェルマン)がミスで契約打切り?凄さとは?動画あり

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

フランスの名門チームパリサンジェルマンの正GKとして活躍するジャンルイジ・ブッフォン。元イタリア代表で、世界屈指のゴールキーパーとしても有名。

そんなブッフォンに引退説契約打ち切り説が浮上しています。SPORT.esなどは以下のように報じています

ジャンルイジ・ブッフォンのPSGでの期間は残り僅かかもしれないと仏紙『L’Equipe』が報道している。
元イタリア代表GKブッフォンの契約延長をPSGはかなり渋っているという。監督トーマス・トゥヘルはチーム編成の大幅な改革を望んでいる。

昨シーズン、ユヴェントスに別れを告げた41歳のブッフォンは2018年7月6日にPSGと1年契約を締結した。この契約は1年の契約延長オプションを含むものだった。
PSGは選手の顔ぶれを変えてチームを大幅に改革しようと計画している。ベテランの選手たちは若手の選手に取って代わられる日も近いだろう。

数週間前よりダニエウ・アウベスのPSG退団が噂されているが、チアゴ・シウバなどその他のクラブの主力選手の残留も疑わしい。
ブッフォンは欧州CLから敗因となった重大なミスも含め、いくつか失態を犯している。

黄金時代を支えたブッフォンだけではなく、元ブラジル代表のダニエウ・アウヴェスやチアゴ・シウバの退団も噂に上っています。


引退?ジャンルイジブッフォン(パリサンジェルマン)がミスで契約打切り

ブッフォンの引退説がささやかれるようになった一番の要因は、なんと行っても2019年のUEFAチャンピオンズリーグ

ブッフォンの制裁をかくプレーは1回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦からでした。結果として3失点を喫したのですが、この結果にイギリスメディアはブッフォンを痛烈に批判しました。

以下、当時の記事です。

名手ブッフォンの痛恨のファンブルに英スポーツ専門メディア「ザ・スポーツマン」は、「カリウスと練習しているのか?」と見出しを打って報じ、昨季のCL決勝でレアル・マドリードを相手に痛恨ミスを連発し、1-3敗戦の戦犯となったGKロリス・カリウス(現ベジクタシュ)を引き合いに出し、皮肉の言葉を送っていた。

「伝説的GKによる悲惨な衝撃だった。彼はしばらくピッチに立つことを望まれることはないだろう。ユナイテッドに2-1のリードを与え、合計スコア2-3とするゴールのプレゼントは、ユナイテッドファンにパリで魔法の夜が訪れることを信じさせたと言っていい」

この試合で決勝点となったゴールはブッフォンのファンブルから生まれました。

サッカーファンの間では、退団を悲しむ人がいる一方で、チャンピョンズリーグの試合を振り返り、『あの集中力では衰えていると言わざるを得ない』という意見もちらほら出ています。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

レジェンドのまま綺麗に終わりたいか、衰えを見せつつ出来る範囲でプレーし続けるか、本人がどうしたいかだね。PSGがダメでも、彼ほどのキーパーなら41歳であればまだまだ歓迎するチームはあるだろうし。

ベテランの存在感は重要と言う人もいるけど、それでも今年もCL16強止まりだった。あの試合はPSGにとって集中力という意味で本当に酷いものだったが、ベテラン勢がいても結局修正できなかった。ブッフォンは偉大なGKだが、こういう結果になるのは仕方がないことなのかもしれない。

べつにスタメンにこだわりをみせなければ控えとしてでも、他のGKや選手のスキルアップにブッフォンの経験が今後に役にたつと思うけどな。
おそらく1年くらいは残る。レギュラーとしてではないと思うけど。
プレーだけではなく、ベテランとしての存在感が重要なわけだしと思う。
それでもブッフォンは偉大と思う。
俺はFPモイーズキーンを一番早くレベマにしたと思う。

ブッフォンの凄さとは

全盛期は世界最高峰のGKとして名高いブッフォンですが、何が凄いの?と疑問に思っている人も多いようです。

ブッフォンがゴールキーパーとして凄いのは、なんといっても瞬発力、瞬間的な判断力の凄さでしょう。

これと相まって、経験で蓄積されたヨミも素晴らしく、まさにGKとして必要なすべての要素が備わっているといえます。

体格に恵まれているのものそうですが、ヨミが外れたときのリカバリー能力は凄まじい身体能力として有名です。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。