豊橋の狂犬病患者がその後死亡↓入院先病院はどこで病院名=豊橋市民病院?

災害

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

愛知県豊橋市で感染が発覚した狂犬病患者が死亡したことが報じられました。

日本で狂犬病が発見されるのはおよそ14年ぶりのことで、日本全国から強い関心が寄せられていました。

ここでは14年ぶりに発見された日本の狂犬病患者について、詳しく取り上げていきます。


豊橋の狂犬病患者がその後死亡

この件について、共同通信などは以下のように報じています。

愛知県豊橋市は15日、フィリピンからの入国後に狂犬病を発症し、治療中だった外国籍の30代男性が13日に死亡したと発表した。

豊橋市で発覚した狂犬病への感染は、報道された当初、詳細が完全に伏せられていました。

5月22日に時事通信で報じられた速報が以下の通り。

愛知県豊橋市は22日、フィリピンから来日した人の狂犬病発症を確認したと発表した。来日前に同国で感染したとみられる。日本国内で人が狂犬病を発症したのは2006年以来、14年ぶり。

市によると、この患者は今年2月、就労のためフィリピンから来日した。昨年9月ごろ、同国で左足首を犬にかまれたが受診しておらず、この際に感染したとみられる。市は本人の了解が取れていないとして、患者の国籍や年齢、性別を明らかにしていない。

この報道にある通り、性別や年齢などの詳細は一貫して伏せられていました。

ただ、今回の訃報が報じられたタイミングで、この患者は『30代男性』であることが分かったのです。

豊橋市ホームページではより詳細な情報が公開されている

ちなみに、豊橋市の公式HPでは、患者に関するより詳細な情報が公開されています。

年代:30代
国籍:外国籍
性別:男性
居住地:豊橋市外
主症状:疼痛、不穏、発熱、恐水発作、異常興奮
咬傷歴:令和元年9月頃(フィリピンにて、左足首を犬に咬まれるも受診なし)

行動歴を見ると、狂犬病の症状と思われる足の痛みを訴えたのが5月11日

その後、約1か月後の6月13日に亡くなったということで、発症から亡くなるまでのスピードを見ても狂犬病の恐ろしさがよくわかるでしょう。

豊橋の狂犬病患者の入院先病院はどこ?病院名=豊橋市民病院?

日本では滅多に感染者が出ない狂犬病という珍しい疾患なだけあって、患者の入院先病院についても大きな話題になりました。

ただ、この病院についてはプライバシーの関係上、一切公表されていません。

現在までに病院について一番詳細な情報を公表しているのは豊橋市のHP。

5月18日(月)知人が自動車で自宅に迎えに行き、豊橋市内の医療機関を受診。ICUへ入院。

行動歴にこのように記載されていることから、入院先病院が豊橋市内にあることは確定的です。(患者の居住地は豊橋市外)

ただ、豊橋市内の病院といってもかなり多く、絞り込むことは現状不可能でしょう。

ちなみに、ネットでは豊橋市民病院という病院名が噂されていますが、これを裏付けるソースは見つかっていません。

ヒト-ヒト感染は原則としてしない

新型コロナウイルスのときもそうでしたが、珍しい疾患が国内で発見されるとどうしてもその入院先や患者の居住地を気にする声が上がります。

これは自分自身への感染を予防しようという気持ちからくる行動ですが、今回の狂犬病についてはその心配はありません。

というのも、狂犬病は原則として人から人への感染はしないからです。

通常、狂犬病が人から人に感染することはありません。これまでに臓器移植による感染が認められていますが、非常にまれな事例といえます。なお、輸血により感染したという報告はありません。

厚生労働省のHPでもこのように記載されており、単純な接触のみで感染することはないとされています。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

発症すれば致死率はほぼ100%。治療法はない。

日本では1956年以降は今回のような外国で感染後に入国者が発症する例が極まれにある程度。

感染している動物に噛まれることが主な感染経路。
国によっては年間3万人(インド)の死者がでる地域もある。

渡航時には予防ワクチンの接種を。

フィリピンでは、たまにあることだそうですね。狂犬病は、コワイですね。
息子が小さい時、犬に触ろうとしたので、噛まれて、狂犬病になったら大変だから、触っちゃダメって言ったんですけど、子どもの頃あんなこと言われた!と言って、息子に叱られてました

発症から3週間以上経過して死亡。
平均は1週間程度だった気がするので割と長く生きられたほう(苦しみも長かったかもしれない)。

スポンサードリンク