ピオデミリア(イタリア人記者)と赤い旅団+菅直人の関係

コラム

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

新型コロナウイルスの感染拡大対策にともない、2020年4月7日に緊急事態宣言がだされました。

この会見で時間を迎えたにも関わらず強引に手を挙げ質問をしたイタリア人記者が大きな話題に。

今回は緊急記者会見で注目を集めたピオ・デミリアというイタリア人記者ついて、詳しく取り上げていきます。


緊急事態宣言の記者会見でピオデミリア(イタリア人記者)が話題に

安倍総理は、2020年4月7日の19時から緊急事態宣言にともなう緊急記者会見を行いました。

この場には各報道機関の記者が出席したのですが、予定された終了時刻を迎えたときに制止を振り切って強引に質問した1人の外国人記者がいました。

以下が実際の動画です。

話題になっているイタリア人記者の質問は1:19:54~

『外国人記者の質問を1つは受け付けてください』

と声を挙げたこのイタリア人記者の名前は、ピオデミリア(Pio d’Emilia)という人物です。

たどたどしい日本語で頑張って質問をしていた姿に感銘を受けたという声がある一方、その質問内容や人物像について大きな話題となりました。

ピオデミリア(イタリア人記者)と赤い旅団

ネットでピオ・デミリア氏のことを調べてみると、『赤い旅団』との関係を示唆する記事がいくつか出てきます。

赤い旅団というのはイタリアの左翼テロ集団であり、過去には重大な凶悪事件を起こしたことのある集団です。

赤い旅団とは?

赤い旅団(あかいりょだん、伊:Le Brigate Rosse)は、イタリアの極左テロ組織。1969年に結成され、イタリアでの革命とイタリアの西欧同盟からの離脱を主張して1970年代初頭から活動を開始。

ピオ・デミリア氏は、この団体と密接な関係があるとされており、赤い旅団の弁護士を務めているという情報もあります。

この情報が正しければ、緊急記者会見で質問を行ったイタリア人記者は、極左中の極左だったわけです。

ピオデミリアと菅直人の関係

ピオ・デミリア氏は、2010年(平成22年)に内閣総理大臣に就任した菅直人氏と深い関係にあることも報じられています。

一部情報によれば、この2人は20年来の友人であり、菅直人氏が総理大臣を務めていた当時、ピオ・デミリア氏は『首相特別顧問』に任命されていたという情報もあります。

前述したとおり、ピオ・デミリア氏は極左過激派集団である赤い旅団と密接な関係にあることから、菅直人氏への不信感にもつながったと言われています。

菅直人と20年来の友人であり、菅の内閣総理大臣在任時に特別顧問を務めた。2011年7月には、夕食の席で菅に対し、日本もイタリアのように原発存廃についての国民投票をすることを勧めた。

出典:Wikipedia

こう見てみると、日本の政治にも深く関与していることがわかります。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

安倍総理会見でイタリア人記者「マスク着用はパフォーマンスですか?会見でマスク外してるし(ヘラ笑)」の様な質問をしてた。伊人は今でもマスクの効果を理解してないのか。だから母国であれ程の死者を出すんだよ。マスクは感染拡大防止の為。日本人のおかげでお前ら外人の安全が担保されてるんだよ。

例のイタリア人記者さん、検索したら有名なガチ左の人なんだね
でも、場の空気を読まない質問は時に虚をついて相手の素の反応を引き出したりするから 少なくとも私はあの瞬間に整理できた 予定調和の記者質問より全然マシだよ 江川さんも入ってたし 今の政府にもっと変えて欲しい所

安倍ちゃんから「責任を取ればいいというものではない」発言を引き出したイタリア人記者の質問が秀逸だったな。普通この場面でこんなこと言うかね?

スポンサードリンク