村中璃子がコロナで炎上!年齢+本名と裁判敗訴の過去

コラム

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

医師、およびジャーナリストとしてテレビでもおなじみの村中璃子さんに対して注目があつまっています。

村中さんは情報番組などにコメンテーターとして出演し、現在世界的流行を見せている新型コロナウイルスへの注意喚起を行っています。

ただ、彼女はコロナウイルスの感染拡大が始まった当初、現在とはまったく違った正反対の意見を持っていました。

今回はネットで炎上している村中璃子さんについて、詳しく取り上げていきます。


村中璃子が情報番組に出演コロナ注意喚起→炎上

村中さんはバイキングをはじめとする情報番組にコメンテーターとして出演しています。

医師という肩書から、専門的な立場でコメントを出していますが、ネットでは批判が彼女に対する批判が集まっています。

というのも、当初言っていたことと主張が真逆になっているからです。


・新型コロナウイルスは大したことない
・騒ぎすぎなので落ち着くべき
・インフルエンザの感染拡大の方が深刻だ

当初行っていたこのような主張から一変。

周りの意見に合わせるかのようにいつのまにか主張が変わっていました。

村中璃子ってどんな人?年齢+本名と裁判敗訴の過去

村中璃子(なかむらりこ)氏は、日本の医師。

また、医師としての肩書から、ジャーナリストとしても活動しており、テレビ番組のコメンテーターとしても活動しています。

村中璃子という名前はペンネームであり、本名については公表されていないようです。

ちなみに、年齢についても非公表となっていますが、1995年に一橋大学を卒業したということはわかっています。

高校中退後、どれくらいの期間をあけて入学したのかによりますが、1995年時点の段階で20代中盤であった可能性が高いでしょう。

学歴は以下の通り。

都立高校中退
→一橋大学社会学部
→一橋大学大学院社会学研究科国際社会学専攻修士課程修了、修士(社会学)
→北海道大学医学部医学科

これを見てもわかる通り、高校中退から文系学部に進み、さらに理転して医師になるという異例の経歴をもっています。

このほか、元信州大医学部長によるHPVワクチンの研究結果を『ねつ造』と主張したことにより、名誉棄損で訴えられた過去もあります。(一審・二審敗訴で上告)

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

そうなんです、少なくともこの方の間違えた意見で感染者増えてると思います
怖いです
こんな時は適当な事を言って欲しくないです、人の命がかかっています
何故いつまでもテレビに出れているのかわからないし、信用してる人も増えていて本当に恐怖しかないです

コメントするこの人より この人起用して毒吐く番組まだ続けるの?とスポンサーに言った方がいいのかも

炎上商法?

まー、なにせドイツ在住なんで
ドイツの手厚い福祉政策の中で
日本の惨状に高みの見物を決め込む気でしょう

こんな人ぐらいしか違う意見を言う人がいないんでしょ

それは分かるけど
公共の電波をここまで愚弄できる制作会社にアングリです

スポンサードリンク