【現状/顔画像】佐山サトルがボコボコで弱い?病気やスキャンダルの噂

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

佐山サトルさんといえば、初代タイガーマスクとしてプロレスの一時代を築き上げた人です。そんな佐山サトルさんに関する裏話や暴露話を集めた本が出版されるとあって話題になっています。2018年8月16日付の週プレでは以下のように報じています。

1980年代前半、アントニオ猪木を凌ぐドル箱レスラーとなったタイガーマスクは、なぜ2年4ヵ月で引退したのか? UWFにおける前田日明との”不穏試合”では何が起きていたのか? 世界に先駆けて総合格闘技を創ったが、その功績が世の中に知られていないのはなぜなのか?

子供の頃にタイガーマスクに憧れ、格闘技の世界にのめりこんでいった人も多いはずです。ここではそんなタイガーマスクこと佐山サトルさんにまつわる噂についてまとめていきます。


追記

2020年2月19日に佐山サトルさんがパーキンソン病を患っていることが報じられました。

さらに、3月24日にもスポーツ紙によって詳しい病状などが公表されました。

この件については記事後半で詳しく記述しています。


現状と顔写真公開!佐山サトルがボコボコで弱い?

佐山サトル(佐山聡)さんは1957年生まれなので、2018年8月現在で60歳の還暦を迎えられます。そんな佐山サトルさんの現在の素顔がこちら。

若々しく、まだまだ現役で続けていけそうなたくましい肉体をお持ちです。

彼は全盛期、タイガーマスクとしてヒーロー的な強さを発揮。デビュー戦の相手でもあったダイナマイト・キッドとの闘いは今なお語り継がれる名勝負がたくさんあります。

プロレスにはいわゆるショーとしてのプロレスと、本気で殴り合うガチプロレスといわれるものがあります。このガチプロレスで、タイガーマスクこと佐山サトルさんがボコボコ!と話題になったのが全盛期の高田延彦氏との闘い。

こちらの動画ではいくつかの試合をまとめていますが、本気の殴り合いは格闘技ファンにとって純粋に楽しませてもらえます。

また、佐山サトルさんについては本当に強いのか?実際は弱いんじゃ?というような憶測も飛び交っています。これはタイガーマスクとして大活躍していた全盛期からありました。

格闘家の強さをどこで測るのかによって変わってくるとは思いますが、いわゆる殴り合いという点でいけば少なくともプロレスラーのなかでは強いほうだったでしょう。

総合格闘技などのほかの格闘技を混ぜると決して強いとは言えないと思いますが、いずれにしてもプロレスの一時代を築き上げた素晴らしい選手であることに変わりはありません。

病気やスキャンダルに関する噂

記憶に新しいのが、2015年に行われた後楽園ホールでの曙戦の後、心臓の痛みを訴え、そのおよそ2か月後に緊急手術が行われます。このとき、以下のような状態にあったようです。

精密検査の際、医者から「いつ突然死してもおかしくない状態」と言われたほど深刻な状況だった

心臓の痛みの原因は狭心症であったと診断。しかし、この病気の原因は不明だと診断されたようです。

実は佐山サトルさんは見た目とは裏腹に、小さいころから決して体の強いほうではなかったといいます。小学校低学年の時に心臓病を患って入院した経験があるとも語っていました。

生まれながらにしてもった先天的な要因が狭心症の原因になったと考えられます。

また、佐山サトルさんにまつわるスキャンダルとして一番有名なのは金銭疑惑でしょう。ある雑誌では以下のように報じています。

安生洋二とタッグを組んで奪取した、東京プロレスの「3億円ベルト」の行方に関しても、「知らぬフリ」を決め込むという金銭疑惑も浮上している。

彼に関してはそのキャラクター上、さまざまな憶測もあり、真実は闇の中というものも少なくありません。新しい話題が出てきましたら、随時更新していきます。

【2020/2/19追記】佐山サトルが原因不明の体調不良

2020/2/19付けのスポーツ報知で、佐山サトルさんの体調不良が報じられました。

記事によるとパーキンソン病に近い症状が出ており、原因不明だといいます。

初代タイガーは2016年12月の6人タッグマッチを最後に心臓疾患などの影響で欠場が続いている。

新間氏は今月15日に都内で行われたトークイベントで佐山と対面したことを明かし「今の状況から言うとリングカムバックはとてもじゃないけど見通しが立たない。パーキンソン病に近い状態。患っている病気がなんなのか分からない状態です。普通に歩けるけど、前に障害があると歩けない状態です」と原因不明の体調不良に陥っていることを明かした。

現在は通院をしており、精密検査を行っているとのことですがファンからは体調を心配する声が多く上がっているようです。

【2020/3/24追記】パーキンソン病と診断されたことが報じられる

前述している通り、2月19日の段階で一部スポーツ紙によってパーキンソン病に近い状態にあることが報じられていました。

それからおよそ1ヶ月後、デイリーなどによって正式にパーキンソン病と診断されたことが報じられました。

プロレス団体リアルジャパンを主宰する初代タイガーマスクこと佐山サトル(62)がパーキンソン病の疑いと診断されたことが23日、分かった。同団体の平井丈雅代表が明かした。

佐山は現在、自宅で療養中。自力での歩行困難な状態だという。平井代表は「佐山先生が元の姿で帰ってくるまでサポートするだけです。みなさま、その日まで待っていてください」とコメントした。

自力での歩行が困難な状態が続いているものの、自宅で療養生活を送っているとのことです。

スポンサードリンク