ゆうこりんランチの港区レストランBはどこで店名は?チェーン店で子供が嘔吐

プライベート

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

歯科医師の旦那との離婚がセンセーショナルに報じられた小倉優子さんですが、ここにきて再度文春があるエピソードを報じました。

そのエピソードというのが、『子供がとあるレストランで嘔吐したにもかかわらず、旦那は見て見ぬ振りだった』というもの。

この報道に、ネット上では再度旦那に対して批判が集まっています。


ゆうこりんの子供が嘔吐→旦那はなにもしなかった?

この件について、週刊文春は以下のように報じています。

かつて小倉と生活を共にした港区内で、昨年9月に外食中の小倉家を見かけた女性は、そのときのA氏の振る舞いに疑問を抱いたという。

「昼過ぎの時間帯に、テラス席のあるチェーンのレストランBで、ゆうこりんの一家が、私の隣の席で食事をされていました。ご主人1人に対して、お子さん2人とゆうこりんが向かい合って座っていて、パスタなどを食べていた。ゆうこりんは子どもに食事を食べさせたり面倒を見ていましたが、旦那さんは手を貸すでもなくスマホをいじっていました」

穏やかなランチタイムだったが、食事を始めて1時間ほどして、隣の席がバタつき始めた。

「食べ過ぎちゃったのか、下の子が突然、革張りのソファーにけっこうな量を吐いてしまったんです。しっかりした長男が店員さんを呼びに走っていき、ゆうこりんは持参していたティッシュで一生懸命に掃除をして、しきりに周囲に謝っていた。でもご主人は何もせず、無言で傍観していて、その後もスマホを見ているだけで、見ている私たちもビックリしてしまいました。食事をしていた友人と『これじゃあ長くは続かないよね』と話したほどです」(同前)

文春の報道によれば、下の子がレストランで嘔吐をしたときに、その処理をしたのはゆうこりんさんのみで、旦那さんは何もしていなかったといいます。

たまたま近くで食事をしていた人の目撃証言であり、1人でスマホを黙々といじり続ける旦那さんに違和感を感じたと言います。

直撃取材に本人は否定していますが、少なくとも目撃した人にとっては異様な雰囲気に感じたようです。

ゆうこりんランチの港区レストランBはどこで店名は?

今回報じられた週刊文春の記事に記載されているレストランBの特徴は以下の通り。


・港区内
・チェーン店
・テラス席がある

明記されているなかで特定に役立ちそうな特徴はこの程度です。

この情報だけで具体的な場所を特定するのは困難ですが、『港区』ということから自宅の近くである可能性が高いと思われます。

ゆうこりん夫婦が住んでいたマンションは港区にあることがすでに報じられており、日常のランチでそこまで遠出をするとは思えないため、自宅近隣である可能性は極めて高いでしょう。

ゆうこりん夫婦が生活したマンションは港区のどこ?

ゆうこりんさん夫婦が生活をしたマンションが港区であることは週刊誌などで報じられていますが、それ以上の情報は今のところ報じられていません。

ただ、SNSやネット上にはとある場所でのゆうこりん夫婦の目撃情報が相次いでいるのです。

その場所というのが『白金台』

白金台といえば都内でもセレブが多く住むといわれている憧れの街。

この場所での目撃情報が相次いでいるのです。

今日は妻と白金台でランチをしたのだけど、小倉優子さんが別の店から出てくるのを見ました。すごく顔が小さくて、体もほっそりしててかわいらしかった。

出典:Yahoo知恵袋

知恵袋などでもこのように投稿されており、Twitterでも目撃情報がありました。

仮に白金台に居住しているとすれば、文春報道にあるレストランBはこの地域のレストランである可能性が高いでしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

どちらにも問題がありそうだしどちらの見解が正しいのかわからないけど、事務所が出てくると小倉優子側の話の信憑性が薄れる。

小倉優子は旦那と上手くやりたいなら事務所変わるべきでしょう。
小倉優子擁護のコメント見るとなんだかなぁと思ってしまう。小倉優子にも原因はあったはず。
初婚でいきなり二児の父親になって育児ができるとでも?自分の子供でも年月をかけて親も成長していくものだと思います。

肝心なことは当事者たちにしかわからない。
もう、小倉優子が木下優樹菜と同じ事務所って記事を見てから全てが情報操作されてると思ってる。

スポンサードリンク