松嶋盛人みやま市長が病気差別で辞職?高校大学の学歴や結婚して子供はいる?

政治家

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

福岡県みやま市長を務める、松嶋盛人(まつしまのりと)氏が職員研修に差別的な文書を用いたとして話題になっています。

今回問題になっているのは、福岡県みやま市(旧・瀬高町)の視聴を務める松嶋氏が、市の職員研修で用いたとされる文書です。

このなかに、『無頼漢の子孫は精神や肉体を病む者』などとする文書を引用したことが明らかにされ、ネットでも大きな波紋が広がっています。

今回は、今後さらに波紋を広げそうなみやま市長の文書問題について取り上げます。


松嶋盛人みやま市長が病気差別で辞職?

今回の件について、共同通信などでは以下のように報じています。

福岡県みやま市の松嶋盛人市長が、無頼漢の子孫は精神や肉体を病む者、犯罪者が多いとする調査報告を引用した文書を作成し、職員研修で配布していたことが13日、分かった。12日の市議会一般質問で、市議が「差別と偏見に基づく表現だ」と批判した。

市議によると、文書は「人間の『徳』について」と題し、8月26日に開かれた管理職向けの研修で配布。140年以上前の米国の家系調査報告を取り上げた月刊誌を引用し、1720年生まれの「怠惰な無頼漢」の家系は、6代にわたり「約1200人が精神や肉体を病む者や犯罪者」などと記した。

出典:共同通信

報道にある通り、松嶋みやま市長が用いたとされる文書が、差別と偏見に基づく表現であるとして、12日の市議会で詰問されました。

これに対する市長の受け答えなどは不明ですが、西日本新聞の直撃取材に対して、市長は以下のような回答を寄せています。

「そう捉えられるのは残念」
「道徳教育の大切さを訴えるつもりだったが、思慮が足りず反省している」

ただ、有識者の間ではこのような市長の発言は非常に問題で、優生思想につながる危険な考えとの批判を展開する学者も一部でいます。

現在のところ、辞職などの可能性については言及されていませんが、波紋が広がって全国的な問題となれば、責任問題を追求される可能性もあるでしょう。

高校や大学の学歴

松嶋盛人氏は、1953年生まれの政治家です。

2018年9月に当時みやま市長であった西原親氏が体調を崩して辞任。(その約2ヶ月後に西原元市長は多発性骨髄腫により死去)

その後継を選出する市長選で初当選し、みやま市長となりました。

最終学歴は明治大学農学部であり、大学卒業後は日本ハムに入社。

1980年からは小学校の教員に転職し、2004年からは中学校の校長に就任。

2018年の市長選まで、中学や高校の職員として教育現場に携わっていました。

以下、みやま市HPに掲載されている経歴を引用しておきます。

【経歴】
昭和53年4月 日本ハム株式会社 入社
昭和55年4月 朝倉郡夜須町立東小田小学校教員に採用
昭和58年4月 三池郡高田町立飯江小学校 教諭
昭和61年4月 山門郡瀬高町立東山中学校 教諭
平成7年4月 山門郡三橋町立三橋中学校 教諭
平成10年4月 山門郡瀬高町立南小学校 教頭
平成13年4月 山門郡瀬高町立瀬高中学校 教頭
平成16年4月 三池郡高田町立高田中学校 校長
平成19年4月 八女郡立花町立筑南中学校 校長
平成21年4月 筑後市立筑後北中学校 校長
平成24年4月 みやま市立高田中学校 校長
平成26年3月 みやま市立高田中学校を定年退職
平成26年4月 八女学院中学・高等学校 教頭
平成30年10月 みやま市長 当選

結婚はしていて子供はいる?

松嶋氏については、プライベート情報はほとんど公表されておらず不明です。

結婚や子供についても、みやま市のホームページにある市長紹介のページや、過去のインタビュー記事にも具体的な情報は掲載されていません。

Facebookアカウントなどを保有している場合には、そこに詳しい情報が記載されている可能性もありますが、現在アカウントの存在は確認されていません。

今後、最新情報が分かり次第追記させていだきます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

これはひどい。
父母の世代とかなら差別的でも生活環境とか言い訳できるが、
1720年なんて家系図さえも怪しい時代だよ。
そもそも父母がどうであれ本人を見て判断すべきもの。

市長には『徳』が無かったということかね。

無頼漢=ならず者。
この市長は、こんな物を配布して何かの付加価値を市にもたらしたのか?
何も無しでしょ。
このような者を市長に選ぶ市民にも責任がありますよ。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。