ヤフーのZOZO買収はなぜ?買収額&株価や前澤社長の今後はどうなる

ビジネス

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

アパレル通販大手のZOZO TOWNが、ヤフーに買収されるとの一方が報じられ、ネットでは大きな話題となっています。

ZOZOといえば、前澤社長のサクセスストーリーと、剛力彩芽さんとの熱愛などがマスコミでも大々的に報じられましたが、今回まさかの買収となりました。

ZOZO&ヤフーという組み合わせは今まで誰も想像してこなかったようで、ネットでもさまざまな声があがっています。

今回はヤフーのZOZO買収で今後どのように変わっていくのか?というところにフォーカスして見ていきたいと思います。


ヤフーがZOZO TOWN買収の方針を固める

今回の件について、日経新聞などでは以下のように報じています。

ソフトバンク傘下のヤフーは12日、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOに対し、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。ZOZO株式の50.1%の取得を目指す。ZOZO創業者で筆頭株主の前沢友作社長は約37%保有しているが、ほとんどをTOBに応じる。

ZOZOは同日、前沢氏が12日付で社長を退任し、経営から身を引くことも発表。後任にはNTTデータ出身でZOZOの澤田宏太郎取締役が昇格する。前沢氏は今後、2018年9月に公表した月旅行などの個人活動に専念するもようだ。ZOZOは「創業者として今後も(同社の)一定のイベントには参加する」としている。

出典:日経新聞

報道にあるように、12日付けでヤフーが公式にZOZOのTOB実施を明らかにしました。

これにより、ヤフーはZOZO株式の50%超を取得することとなり、実質的な買収となりました。

前澤社長の公式ツイッターでも、以下の通り買収についてコメントが発表されています。

現在、前澤社長は37%の株式を保有しているものの、このほとんどに対してTOBに応じることも発表されています。

ヤフーのZOZO買収はなぜ?

ネットや世間では、この2社の組み合わせは想像していなかったとする声が多くあがっています。

しかし、関係者の間では以前からこの話は噂されていたようで、ヤフーやソフトバンク経営陣の間ではかなり前からこの話が出ていたという話もあります。

ヤフーはなぜZOZOを買収したのか?

ZOZOはヤフーのTOBになぜ応じたのか?

ZOZOとヤフーのシナジーはどこにあるのか?

このあたりについては、12日の17時半から開催予定の記者会見で明らかにされることでしょう。

ただ、ヤフーはソフトバンク傘下にあるため、今回の買収にはソフトバンクを経営する孫氏の意向も強く反映されていると考えられています。

ヤフーは以前よりEC事業を行ってきたものの、楽天やAmazonなどに大きな差を付けられており、ZOZOの買収でEC事業に活路を見出したいとの考えのようです。

買収額&株価や前澤社長の今後はどうなる?

今回のヤフーのZOZO買収発表で、2019年9月12日現在のZOZOの株価は、始値で年初来高値を更新する2,566円を付けました。

午前中の最高値は今のところ2,575円となっており、前日比でおよそ+300(約+14%)近い値上がりを見せています。

一報、ヤフーの株価もあがっており、前日比でおよそ4%前後の値上がりです。

ちなみに、買収額についてはTOBで約50%の取得ということなので、『ZOZOの時価総額÷2』をすればおおよその金額は求められるでしょう。

2019年9月12日現在、ZOZOの時価総額は774,436百万円とのことなので、この半分の387,218百万円がおおよその金額と思われます。

また、世間の多くが注目する前澤社長の今後については、現段階でZOZOの経営を退くことが決定しています。

代表取締役という肩書がなくなり、今後どのような活動をしていくのかに注目が集まっているところです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

一気に大きくなると、散るのも早い。
でもいい夢見たんだろうな。
それでも彼女はついていくのかな?

成り上がりでも、十分頑張った人だよね。

ヤフーはソフトバンクの傘下だよね。
孫さんて、どんだけ凄いんだか。。

理由はなんだったんだろうか
zozo離れが深刻化したのかな??

そしたら普通の通販になってしまうから面白みがないじゃない。
もっと頑張れよ!

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。