【新元号:他の案が判明】英弘,広至,万和,万保,和貴が令和以外の候補!漏らしたのは誰?

ビジネス

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

2019年4月1日の午前11時半に、新元号の発表があり、日本中の注目を集めました。

新元号は晴れて『令和』に決まったわけですが、その発表の場で記者から『令和以外の候補について教えてください』との質問が飛び出しました。

これに対し、菅官房長官は『発表は差し控える』とコメント。

しかし、ネットでは令和以外の候補案について情報が漏れ、大きな話題となっています。

朝日新聞などはこの件について以下のように報道しています。

新元号「令和(れいわ)」を決めるにあたり、政府は1日、六つの原案を選び、有識者による「元号に関する懇談会」などに提示した。政府は原案の数も含めて公表していないが、「令和」のほか、「英弘(えいこう)」「広至(こうじ)」「万和(ばんな)」「万保(ばんほ)」などがあったことがわかった。複数の政府関係者が1日夜、朝日新聞の取材に明らかにした。

6案の典拠は国書と漢籍が三つずつで、国書は「令和」の万葉集に加え、日本書紀、古事記だった。

「万和」は、6世紀に中国で成立した全30巻の詩文集「文選(もんぜん)」が典拠。漢詩研究の第一人者として知られる石川忠久・元二松学舎大学長(86)が政府に提出した13案の一つだったことも判明した。

この報道に対し、『令和以外の案の方が良かった!』というような声以外にも、発表を差し控えるとしたのにもかかわらず情報を明かした政府関係者に対して『どんだけお粗末なんだよ』というような厳しい声も多く聞かれます。


新元号:他の案が判明!英弘,広至,万和,万保が令和以外の候補を漏らしたのは誰?

新元号の発表に際して、菅官房長官は『特定の個人との結びつき』『既に決まった元号に対して、比較案が出ること』はふさわしくないとして、発表を差し控えました。

しかし、今回の朝日新聞の取材に対して、政府関係者がいとも簡単に情報を漏らしてしまうという失態。

純粋に他の案を知れて良かった!という人も多いですが、それ以上に情報をこれだけ簡単に漏らしてしまう政府ってヤバイんじゃないの?という声が多くなっています。

実際、事前の情報では別の候補や考案者の名前は、少なくとも30年間は秘匿するとしていました。

それなのにもかかわらず、わずか1日足らずで情報が漏れてしまうこの状況に、日本国民としては色んな意味で危機感を持たずにはいられないでしょう。

また、今後この報道をベースに、情報漏えいをした政府関係者の特定が始まりそうです。(新しい情報が分かり次第、随時追記していきます。)

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

非公表だったよね。 この国の偉いジジイ達はザル過ぎる。

採用しなかった候補は数も含めて非公表って言った直後からぼろぼろ漏れてて草。誰が漏らしたか分かるかもね

英弘とか広至なんて名前の人はゴロゴロいそうだな。万和は結構好きだけど、中国由来なのか。

候補の中で言うなら英弘・広至・万保の方がよっぽど令和よかマシやろ(アンチ令和信者)

30年間「機密」とすると言っているのに漏らすバ○タレが政府関係者にいるから、当日官邸に携帯の持ち込みを最大限制限していたのは正解だと思う。

「英弘」は人の名前っぽいし個人的には「広至」でも良かったと思うけど何て読むんやとかややこしいので結局は候補の中では令和が一番良かった感

元号は唯一のものであってあれがよかった、これがよかったと比較することを良しとしないという意味で公開してないのに、それを漏らす関係者と、喜々として報道する記者の情けなさ・・・

元号に関する事は非公表じゃなかったか?どんどん明らかになっているが。全体的に騒ぎすぎているのではないか。確かに今までの天皇崩御と同時に改元ならば話も分かるが、ここまで戒厳体制にする必要があったのだろうか。

こういうのこそ、秘密保護法の対象にしてもいいと思うし、ベラベラ喋る関係者は処分でいいと思うんだけど。マスコミもやるべき仕事があんだろうが。他の候補案とか誰が考えたとか知りたくないんだげど。

マスコミ、国民が求めていないことに精を出してるけど、もっとやるべきことがたくさんあるのでは?
自分たちのために必死になってるだけじゃん。

まあ、こうもペラペラ喋る方の案にならなくてよかった。
平成を考えた方は生涯自分が考案者だと言わなかったそうですね。

和貴は美しいですね。
令和は絢爛ではないが、空気が澄んでいるような気持ちの良い様子が感じられてとても良い名前だったと思います。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。