【公職選挙法違反か?】芳野正英(=三重県議)が高校で投票呼びかけ 嫁や子供について

政治家

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

三重県の県議に対して公職選挙法違反の疑いが報じられました。今回疑惑を報じられたのは芳野正英県議。地元伊勢新聞は以下のように報じています。

三重県議会会派の自民党県議団(13人)は31日の代表者会議で、来夏に予定される参院選三重選挙区(改選数1)に立候補を予定する芳野正英県議(43)(新政みえ、1期、四日市市選出)が出身校で講演した際、参院選への出馬に言及していたと指摘した。

県議らによると、芳野氏は7月9日、県立四日市南高で同校OB会主催の講演会に出席。約80人の主に高校2年の生徒らを前に「キャリア教育」をテーマとして講演し、参院選に出馬する旨の発言をした。講演の後、県庁で記者会見して参院選三重選挙区への立候補を表明した。

この報道に対して、芳野正英県議は以下のようにコメント。

芳野氏は取材に「挑戦したり、将来のビジョンを描いたりすることの大切さを高校生に伝えようと考え、自らの経験を一例として紹介した。投票の依頼はしていない」と説明した上で「発言の内容や場所には気を付けるべきだったと思う」と話した。

公職選挙法に触れたのとの疑惑自体は否定しているようですが、自民党県議団は今後もこの疑惑をつついていくと考えられています。

スポンサーリンク


芳野正英県議が公職選挙法違反?公示前の呼びかけは原則禁止

公職選挙法によれば、公示前に投票を呼び掛ける行為は禁止すると書かれています。

今回の件では、直接的な投票の呼びかけは無かったと思われますが、伊勢新聞では以下のようにも報道。

公選法は選挙の告示前に投票を呼び掛ける行為を禁止している。県選管は告示前に立候補の意向を有権者に伝える行為について「判例などを踏まえると、公選法が定める事前運動の禁止に当たる可能性があり、差し控えてもらいたい」としている

過去の判例では、事前に立候補の意思を有権者に伝えるだけでも公職選挙法に違反した例があるとのこと。

内容的にはあくまでも過失であって、意図した公職選挙法違反ではないと思われますが、もしこれが自民党議員であった場合相当な批判を浴びていたのではないか?とネットでは話題になっています。

野党の不祥事を報じた珍しい事例

スポンサーリンク

与党の不祥事は徹底的にたたくが、野党の不祥事は取り上げないというような暗黙の了解のようなものがマスコミ業界にはあります。

報道は公平になされるべきものですが、この実態については気付いている人も多いでしょう。

実際、ネットでは以下のようなコメントが多数寄せられています。

珍しく、野党の不祥事をマスコミが報じましたね!

朝日・毎日が、自民・維新以外の疑惑を書くわけがないがないでしょう!、心ある地元紙の良心に期待したい!

野党は自分達の選挙違反は違法行為だとは思っていないからね

野党議員の不祥事だと、報じるのは地元地方紙だけ。
自民議員がやるとやれ朝日だ毎日だと大騒ぎだけどw

ほら、朝日 毎日をはじめとする偏向マスコミの皆さん、ちゃんと報道しろよ。これが自民党なら徹底的に槍玉にあげるんだろ? 偏向報道していないって言うなら、同じように扱え!

今回の報道に関しても、野党ということでそこまで大々的に報道はされないでしょうが、疑惑の追及は多少なりと行われるかもしれません。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。