錦糸町盗撮容疑=最高裁事務官の40代の男は誰で名前を特定?顔写真(画像)や経歴を調査

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

またもや駅の構内で女性を狙う犯罪が起きました。

驚きなのは、今回逮捕されたのはなんと最高裁判所の事務官。

『同じ人間なんだから職業は関係ない』という声もありますが、司法に携わるものとしての自覚が大きく欠けているというのは言われても仕方ないでしょう。

今回は実名が報道されていない最高裁事務官の男性容疑者について取り上げます。


盗撮容疑=最高裁事務官の40代の男は誰?名前(実名)を特定?

今回逮捕されたのは、最高裁判所で事務官として勤務する40代の男性とのこと。

時事通信などによると以下のように報じています。

駅のエスカレーターで女性の下半身を盗撮したとして、警視庁本所署が東京都迷惑防止条例違反容疑で、最高裁事務官の40代の男を現行犯逮捕していたことが10日、同署への取材で分かった。

容疑を認めて既に釈放されており、同署は任意で捜査を続ける。

逮捕容疑は4日夕、東京都墨田区のJR錦糸町駅構内の上りエスカレーターで、背後からカメラで女性の下半身を撮影した疑い。 

出典:時事通信

このとおり、各メディアがこぞって報じているものの、未だ実名は報じられていません。

今現在わかっていることは『最高裁事務総局秘書課』に勤務していたということと、40代の男性であるということだけです。

最高裁判所の事務官とひとくちにいっても、かなりの人数がいると思われ、40代男性という条件だけで特定するのは不可能に近いでしょう。

実名などについては最新の情報が公開され次第、追記させていただきます。

ちなみに、裁判所の事務官については、最高裁判所のHPに概要の記載がありましたので併せて掲載しておきます。

裁判所事務官は,各裁判所の裁判部や事務局に配置されています。裁判部では裁判所書記官のもとで各種の裁判事務に従事し,事務局では総務課,人事課,会計課等において司法行政事務全般に従事します。

出典:最高裁判所HP

顔写真(画像)や経歴を調査

顔写真や経歴などについても、詳しい情報は公開されていません。

FNNなどの報道によると、容疑者の男性はすでに釈放されているということなので、今後顔写真などが公開されることはないものと思われます。

おそらく被害者との間で示談などが成立したことで、起訴まではいかなかったということなのでしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

なぜ、こんなに盗撮するのかと思いますけれどね。

どこかのSNSにでも投稿するのでしょうか? 水商売・風俗のお姉さんと話をしていた方が、まだ面白いと思うのですけれどね。

一番やってはいけない人じゃないですか。(やって良い人)なんていませんが、最近警察官などの公人が犯罪を犯しています。一般の国民は誰を頼って生きれば良いのですかね。

単に、国家試験に合格しただけ、って事
試験に合格したから資質や人格が備わる訳じゃない

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。