大塚高司防災担当副大臣の飲酒疑惑=赤坂老舗クラブKはどこ?経歴や妻(家族)について

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

防災担当副大臣を務める大塚高司衆議院議員が、6月18日に新潟山形で起きた震度6強の地震直後、周囲の制止を押し切って赤坂のクラブで飲酒をしていた疑惑が持たれています。

週刊文春などによると以下のように報じています。

6月18日夜10時22分頃、最大震度6強を観測した新潟・山形地震。その発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止にもかかわらず、赤坂の老舗クラブでホステスらと飲み続けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

大塚氏がこの日、竹下派の後輩議員3人と訪れたのは、行きつけだという赤坂の老舗クラブ「K」。同席者によれば、大塚氏は芋焼酎「佐藤」の水割りを飲んでいたという。

「地震が発生して、一同テレビに釘付けになり、後輩議員は『国交省に上がった方がいいんじゃないんですか?』と何度も声を掛けていました。ところが、大塚氏は『(行かなくて)大丈夫や』と繰り返すだけで、水割りを飲み続けていたのです」(居合わせた客)

この報道が事実であった場合、防災担当副大臣としての危機意識の低さが国会でも大きく問題視され、政権運営にも響くに違いありません。

今回は大きな問題に発展しそうな、大塚高司防災担当副大臣の飲酒疑惑について取り上げます。


大塚高司防災担当副大臣の飲酒疑惑=赤坂老舗クラブKはどこ?

週刊文春などによると、大塚副大臣が飲酒をしていたのは、赤坂の老舗クラブKとのこと。

ネットでは、このクラブがどこなのか?というのが話題になっています。

週刊文春では、この老舗クラブの名前は公表していないものの、クラブの入るビルの外観写真を掲載しています。

この写真をもとに、赤坂周辺で同様の特徴をもつビルを検索してみると、以下のビルが該当します。

1階に『わらやきや赤坂店』が入居するこのビルは、『コンチネンタル赤坂V』という名前のビルのようです。

大塚高司衆議院議員の経歴や妻(家族)について

大塚高司氏は、1964年9月11日生まれ。自民党所属の衆議院議員です。

大阪府豊中市出身で、高校は現在の早稲田摂陵高等学校である摂陵高等学校を卒業。

大学は追手門学院大学経済学部を出ています。

大学卒業後は政治家の秘書を務め、2005年9月11日の衆議院議員選挙で初当選を果たしました。

2019年6月現在、当選回数は4回。

結婚はしていると思われますが、家族などのプライベート情報などについては公開されていません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

全く危機感がなく、人ごとですね。
辞任で。

クラブでテレビを見ながら待機…だってさ。
丸山さんもこの人も、1ミリも信用出来ない。

最悪だ…
防災担当の肩書きが泣く

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。