【苫小牧タクシー事件】廃品回収業の男は誰?名前や顔画像

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

北海道苫小牧市で、タクシー運転手が暴○された末に無くなるという痛ましい事件がおきました。読売新聞などによると以下のように報じています。

タクシー運転手に暴○し乗車料金を払わなかったとして、北海道警苫小牧署は23日、苫小牧市、自称廃品回収業の男(59)を強盗容疑で緊急逮捕した。暴○を受けた同市拓勇西町5、タクシー運転手佐藤進さん(69)は病院に搬送されたが約1時間半後に死去。同署は強盗致死容疑での立件を視野に調べている。

発表によると、男は22日午後11時15分頃、同市木場町3の路上で佐藤さんの顔面を殴るなどの暴行を加え、乗車料金約1000円を支払わなかった疑い。

男は酒に酔っており、調べに対し「到着した場所が違うので金を払いたくなかった」などと供述しているという。現場はJR苫小牧駅から北に約800メートル離れた住宅街。

読売新聞が実名報道をしなかったことをきっかけに、ネットでは炎上状態になっています。


苫小牧タクシー事件!廃品回収業の男は誰?名前や顔画像

読売新聞では実名報道がされなかったものの、実はテレ朝NEWSなど、一部メディアでは実名が報道されていました。

苫小牧市木場町3丁目の自称・廃品回収業、渡辺正継容疑者(59)は22日午後11時すぎ、苫小牧市木場町の路上でタクシー運転手の顔を○って逃走し、料金を支払わなかった強盗の疑いが持たれています。

出典:テレ朝NEWS

渡辺容疑者は、警察の取調に対して、以下のように発言しているとのことです。

「停車位置がずれたので、金を払いたくなかった」

容疑者はこのとき飲酒をしていたとのことですが、停止位置がずれていただけでこのような痛ましい事件が起きてしまうのは、とてもやるせない気持ちになりますね。

このようなタクシー強盗まがいの事件は全国各地で起きているものの、裁判の結果、厳罰に処されないことも、また問題となっています。

ちなみに、上記のとおり、実名報道は一部メディアでされているものの、顔画像などについては一般人ということもあり掲載しているメディアはありませんでした。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

日本は飲酒の上での犯罪に甘いと思います。飲酒が関係したら、より刑罰を重くすべきです。

深夜のタクシーは後部座席をアクリル板で完全に仕切って
現金をやり取りする小窓以外完全に運転手を隔離する

仕組みにしないと またこういう事件が起きるんじゃないの?
無論深夜は助手席に人を乗せないようにしないと。

その上で 訳の分からないお客さんはドアロックしたまま
警察署にご案内。

ひどい話としか言えない。
酒に酔って暴○を加えたら飲酒運転と同じく厳罰化してもいいのではないですか?
適度な飲酒は楽しいものですが、今回のようにお酒が入ると人に危害をような人は最低です。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。