富川アナのコロナ感染時の動画映像↓報ステ出演で批判殺到

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

テレ朝の富川アナが新型コロナウイルスに感染した件で、世論や週刊誌などでは批判の声が集中しています。

報道によれば、4月3日に発熱していたものの、6日から通常通り報道ステーションに出演していたとのこと。

この危機意識の低さに、ネット上でも『番組降板の可能性もあるのではないか?』という意見が多くあがっている状況です。


富川アナのコロナ感染時の動画映像

富川アナの発熱~コロナ陽性反応まではフライデーが以下のように報じています。

テレ朝の発表によれば、富川アナは放送の無かった4月3日金曜日の朝に38度の発熱があり、在宅勤務に。休日である4日も熱は続いたが、5日には平熱に戻ったという。

そして、週明け6日月曜日からの放送には普段通りに出演。だが、9日に息苦しさを感じ、局に体調異変を報告。10日には入院してCT検査を行い肺炎が確認され、11日にコロナの陽性が判明したという。

そして、スポニチアネックスでは富川アナが出演した7日の報道ステーションで異変があったことも報じています。

富川アナに異変があったのは今月7日。政府が緊急事態宣言を発令した日で、番組途中から明らかなかすれ声になり、苦しそうな表情も見せた。終了後には視聴者から心配する声が上がるほどだった。

この7日に放送された報道ステーションの実際の映像がこちら。

ニュース原稿を読み上げる富川アナですが、その声がガラガラであることがわかります。

当然自分でも異変を感じていたはずですが、そのなかでも無理を押して番組に出演し続けたのには『ある理由』があったとフライデーが報じています。

自分の席を守るため?報ステ出演で批判殺到

4月14日付けのフライデーデジタルでは、無理を押して番組に出演し続けた富川アナに以下のような事情があったと報じています。

「テレ朝にとって『報ステ』は、予算規模やスタッフの数など、他の報道番組とは別格なんです。それだけに、富川アナは、栄誉であるとともに、相当プレッシャーだったと思います」(スポーツ紙記者)

しかし、視聴率などの点から、局の幹部は彼に物足りなさを感じてしまった。 ‘18年には、テレ朝を退社しフリーとして活動していた徳永有美アナを出演させることになったのだが……。

「番組の作り方も、どちらかと言えば徳永アナをメインにする構成に変わっていった。当然、富川アナにとっては面白くないでしょう。そして言葉は悪いですが、“徳永アナに番組を奪われる”という焦りもあったんでは。そんなことが、彼が発熱したのに局に黙って出演するという“暴挙”に追い詰めたのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

つまり、富川アナは徳永アナの起用以降、番組の構成が自分中心ではなくなったことに不安感を覚えていたという内容です。

次第に徳永アナの存在感が大きくなるにつれて、自分の席が奪われてしまうのではないか?と思い、休むことができなかったというのです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

自分も番組で読み上げてた原稿にはコロナについての注意事項も入ってましたよね。
従って、彼は原稿を理解せずに単に朗読してただけ、内容も頭に入ってない、と言われても仕方ないよね。
所詮、原稿朗読マシンに過ぎない。

無症状感染もあるのですから、普通の風邪やインフルエンザの症状が出たら自主待機ですね。

これを反面教師として、全国に呼びかけてください。
マスコミの大きな役割です。

コロナにかんしては、もっと注意を払うべき。これだけニュースで他の方の症状などが報道されていて、本人も報道されているお仕事ならば絶対に行ってはならない。損得で動く場合ではない。コロナは本当に大変な状態で他に広めてしまったら、医療は破綻しますし、世の中がストップし続けるとするならば、絶対に会社に行くべきではない。無責任としか言えません

スポンサードリンク