【ゲイ】石川大我(豊島区議会議員)の彼氏(パートナー)は誰?離党と落選の過去

政治家

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

東京の豊島区議会議員として活動している石川大我氏がゲイであることを公表したことで話題になり、その政治活動に注目が集まっています。ネットニュースしらべぇによれば以下のように報道。

石川氏は、2011年、社民党公認で豊島区議会議員に初当選。日本において初めて公職に選出されたオープン・ゲイとして知られ、杉田水脈衆院議員のLGBT差別問題では、先頭に立って「杉田ヤメロデモ」を開いてきた。

2013年には福島瑞穂参院議員の後継を選ぶ社民党党首選に出馬し、2239票を獲得したが、9986票を獲得した吉田忠智参院議員(当時)に敗れた。
2014年12月、第47回衆議院議員総選挙に比例東京ブロックの社民党単独1位候補として立候補したが落選。国政に挑戦するのは今回で二度目だ。

自身が同性愛者であることを公表している政治家は珍しく、活動内容が注目されています。

今回はそんな石川大我氏を取り上げます。

スポンサーリンク


石川大我(豊島区議会議員)の彼氏(パートナー)は誰?

冒頭に報じた通り、石川大我氏は公にゲイであることを公表している『オープンゲイ』として知られています。

2011年に当選を果たした際には、中野区の区議会議員選挙に当選をした石坂わたる氏とともにゲイであることを公表。公職に就くものとしては日本で初めてでした。

政治家として、同性愛者同士の結婚を認める制度改革などを中心に推し進めています。

川氏の出馬表明に先立ち、福山幹事長は、「石川氏が2月に社民党を離党してからも何回か話をする中で、立憲民主党の今の政策・理念に共鳴をしており、国政の場でLGBTをはじめとした共生社会の実現に向け、汗をかいていきたいという話があった」という経緯を説明した。

石川氏は、「LGBTの政策について大きな関心が高まってきている」として、2015年から渋谷区た世田谷区をはじめ9つの自治体でパートナーシップ制度ができたこと、そして自身が議員活動をしている豊島区でも来年4月から実施すると区長が表明したことを挙げた。

同じタイミングでゲイであることを公表したことや、同じ東京都の議員であるということから一部では石坂わたる氏がパートナーなのでは?という噂が持ち上がったこともありましたが、これには何の根拠もありません

あくまでも同じ方向を向いて頑張っている政治家というだけあって、パートナーや彼氏という関係ではないでしょう。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットに投稿されたユーザーの声の一部を紹介します。

同性婚を合法化するなら憲法改正が必要だね。

なぜゲイを前面に出そうとするのか??
こういうことを売りにするのが一番ゲイの人を馬鹿にしてると思いますがね

立憲は話題性に乗りたいだけ。ゲイの部分を殊更表に出す事に違和感を感じる。

離党と落選の過去

石川大我氏は2018年現在で当選回数2回を数える議員です。

過去の当落を振り返ってみると、2011年と2015年に当選を果たしています。

一方、2013年に行われた社会民主党党首選挙や2014年に行われた第47回衆議院議員総選挙などにも立候補をしていますが、どちらも落選をしています。

また、2018年2月には長年籍を置いていた社民党を離党し、同年11月に立憲民主党に入党しています。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。