小さいおじさんが憑く東京の神社はどこで場所=大宮八幡宮?

都市伝説・噂

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

芸能人がテレビなどで目撃談を話し、話題となった『小さいおじさん』。

一説には幸せを運んでくれるともいわれており、『見たい!』という人も多いようです。

現時点で確実に見る方法は確立されていませんが、以前、関暁夫さんが発言したことで話題となったスポットがあります。

なんでも、そこにいくと小さいおじさんが付いてきてくるのだとか。。。

今回は関暁夫さんの発言で話題となった東京都内にある神社について取り上げます。

小さいおじさんが見える人は病気=偏頭痛?芸能人には誰がいる?

2020年1月3日


関暁夫さんの話によれば東京都のど真ん中にある

2009年3月に放送された『やりすぎコージー』の番組内で、関暁夫さんは以下のように語っていました。

関東中央の神社の参拝者に妖精がついてくる

そして、この神社は東京都のなかでもど真ん中にあるということも発言しており、放送翌日のネットニュースなどでは『大宮八幡宮なのではないか?』と話題になりました。

この大宮八幡宮とは一体どのような神社なのでしょうか?

東京の重心に位置する大宮八幡宮

大宮八幡宮は、東京都杉並区大宮にある神社です。

東京都のど真ん中にあることから、『東京のヘソ』や『東京の重心』にある神社としても有名なところです。

具体的な場所について、関さんは番組内で言及していませんでしたが、『ど真ん中』ということでほぼ確定されているようです。

実際、今現在でも小さいおじさんが見えるスポットとして、この都市伝説を信じる人々が足を運んでいるといいます。

大宮八幡宮は復縁や良縁のご利益がある

大宮八幡宮には、良縁に恵まれるご利益や、復縁に関するご利益があるとされています。

特に、神社内にある『共生(ともいき)の木』には凄まじいパワーが宿っているんだとか。

噂では、この木で小さいおじさんを目撃したという話もあり、参拝者の多くがここを訪れます。

他にも力石や夫婦木など、さまざまなパワースポットがある大宮八幡宮。

弥生時代から重要な祭祀が行われてきたところと言われており、この地からは古来より重要な品とされてきた勾玉やガラス玉が出土しているようです。

大宮八幡宮という神社の形になったのは、1063年頃ですが、それ以前より神聖な土地であったことには変わりないようです。

ネットの反応

大宮八幡宮に関する口コミをあつめました。

SNSなどではどのように語られているのでしょうか?

由緒ある神社です。鶏が境内の奥の方に居ます。併設の幼稚園があります。荘厳な雰囲気でいい感じです。サイクリングやランニングの途中で一休みするのにちょうどいいです。荘厳ですが、入りにくいという空気ではなく、誰でも気軽にお参りできます。

とても広い神社で緑も多く、大変癒されます。願い事がある方だけではなく、都会の街中に疲れてみた方にもおすすめです。これは余談ですが、たまに猫が鳥居の近くに居ます。人懐っこくてこっちに寄ってくるので、とても可愛かったですよ!

いつもありがとうございます^^

安産、子育てのパワースポットとして有名な大宮八幡宮の境内社の大宮稲荷神社です^^

こちらのお社には「妖精」や「小さなおじさん」を見たという話があります。

スポンサードリンク