RONIWORLD(子供服)の倒産破産理由は?店舗は今後どうなる?

ビジネス

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

子供服ブランドとして人気を博していた『RONI』を展開するRONIWORLDが破産することがわかりました。

子供向けファッション雑誌などに取り上げられ、小学生などの間で根強い人気を誇っていた女の子向けブランドです。

今回は、突然の倒産(破産)が報じられたRONIWORLDについて取り上げます。


RONIWORLD(子供服)の倒産破産理由はなに?

今回の件について、帝国データバンクなどは以下のように報じています。

(株)RONI WORLD(TDB企業コード:402016181、資本金5000万円、登記面=東京都中央区東日本橋2-27-9、代表岡田雅登氏)は、10月11日付で増田充俊弁護士(東京都港区西新橋2-18-1、増田総合法律事務所、電話03-3578-8388)に債務整理を一任した。今後、自己破産を申請する見込み。

当社は、2015年(平成27年)8月に設立。2015年4月に民事再生法の適用を申請した別企業が手がけていた子供服ブランド「RONI」の営業基盤を引き継いでスタート、2018年5月には「BananaChips」ブランドも他社より引き継ぎ、キッズ向けブランドを展開していた。

出典:帝国データバンク

RONIWORLDは2015年から始まったブランドで、子供向けブランドの中では高価格帯のブランドとして有名でした。

破産理由については、以下のように記載されています。

営業基盤を引き継いだ店舗が当初10店舗あったものの、その後のスクラップアンドビルドで5店舗に縮小させた経緯があり、毎期の欠損計上と親会社および代表からの借り入れが膨らんだことで債務超過に陥っていた。業績不振のなか、今年に入ってからは同じ親会社のグループ企業が相次いで破たんする状況となるなど、対外信用は著しく低下していた。

出典:帝国データバンク

毎期の欠損費計上が想像以上に大きく、2019年夏移行、資金繰りは悪化の一途をたどっていたようです。

現在ある店舗の営業は今後どうなる?

RONIWORLDは、2019年10月現在、日本国内に5店舗を展開しています。

RONIのブランドを普段から購入している人からは、悲しみの声が多く上がっていますが、2019年10月11日までに新宿店を除く国内全店舗が閉店することも合わせて公表されています。

そのため、10月11日以降、RONI直営店は京王百貨店のなかにはいっているRONIの店舗だけになるというわけです。

ネットなどからは、『以前から知っていたけど、高くて手が出なかった』や、『子供服としてこの価格帯は厳しいのでは』といったような声が多く聞かれます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

子供が小さい頃に買い物中にイオンのテナント店で偶然見ましたがお高めの価格設定でした。

可愛い服は多かったけどすぐ着れなくなることを考えると手が出せなかったです。

破産したところで、気にすることはないと思います。人生長いですから。
俺の知り合いで自己破産者2人いますけど生きてますんで、要は周りのサポート体制でしょうか。

初めて聞いたブランドです

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。