【死因:病気(癌)】ワイルドセブン(プロレスラー)が死去 正体は誰?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

大仁田厚さんの弟子であり、プロレスラーとして活躍したワイルド・セブンさんが死去しました。スポーツ報知などによると、以下のように報じています。

“邪道”大仁田厚(61)の弟子で、闘病中だったプロレスラーのワイルド・セブンさん(年齢、本名非公表)が5日未明にがんのため死去した。所属事務所のバリアフリープロレス「HERO」を運営するGPSプロモーションが6日、発表した。

公式ツイッターでは「かねてより闘病中でありました弊社所属ワイルド・セブン選手が、昨日五日未明入院先で亡くなりました。昨年12月に正式に弊社所属となり、今年2月には団体GMに就任。再発後も、最後まで『生きる』事をメッセージとして伝え続けました」と追悼した。

今回の訃報を受けて、ネットではプロレスファンから哀悼の言葉が数多く聞かれます。


死因:病気(癌) ワイルドセブン(プロレスラー)が死去

ワイルド・セブンさんは同じくプロレスラーであった大仁田厚さんの愛弟子で、覆面レスラーとして活躍しました。

彼は、2017年11月にがんの手術を受けたことを明かしており、当時から病状を心配する声が多く聞かれました。

およそ1年後の2018年7月にはリングに復帰したものの、癌が再発。

復帰を目指して闘病生活を送っていたものの、この度帰らぬ人となってしまいました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

死ぬ覚悟で復帰したんだな。
レスラーみたいな激しいスポーツすれば連戦続きで疲れが溜まると免疫が低下してしまう事は理解の上だったと思うけど。
大仁田が辞められん訳が何となく判るような気はするが、次々とガンで亡くなっていく彼らの意思を大仁田が重く受け止めてるなら、引退詐欺みたない興行はやめて、生涯現役宣言でもしてリングに立ってほしい。

大仁田さんの周りは若くして亡くなってく人が多いな…
あれだけ傷だらけでボロボロの本人はいつまでも元気なのに…

大仁田さん系の人って不幸事が多いなぁ

ワイルドセブンの正体は誰?

ワイルドセブンさんの正体についてはさまざまな憶測がありましたが、2019年現在でも本名、年齢ともに明かされていません。

しかし、生前のインタビューで大仁田さんの大ファンであったことを明かしており、自分自身で大仁田信者とも自称しています。

。『月刊ゴング』か何かのコラムで大仁田さんが二十歳になったのを機に砧の合宿所を離れて、三鷹で両親と暮らし始めた……ということが書かれていて。自分は三鷹に住んでいたんで大仁田さんに「三鷹に住んでるんですか?」と聞いたら、自分の家から自転車で10分ぐらいの距離で。「今度遊びに来いよ」って電話番号を教えてもらったんです。

大仁田さんとはウマが合ったというか。その頃は自分がプロレスラーになるなんて思ってなかったんですよ、身長制限とかも厳しいので。一度だけ大仁田さんに「プロレスをやってみたい」って言ってみたら「ふざけんな!そんなに甘い世界じゃないんだ!!」と怒られて。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。