【熱愛】康井義貴の結婚相手(彼女)=古谷有美?彼氏と寝坊で欠席?高校,大学etc

プライベート

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

TBSの人気女子アナである古谷有美アナウンサーの熱愛が報じられ、話題となっています。報道のお相手となったのが、株式会社Origamiの代表取締役社長=康井義貴さんです。この件について、FLASHなどは以下のように報じています。

3月2日、トホホなニュースで話題になったのは、TBS・古谷有美アナ(31)。スキャンダルとは無縁の優等生アナだが、木梨憲武(57)と共演するラジオ番組『土曜朝6時 木梨の会。』の生放送を、本人いわく「健康的な寝坊」で無断欠席した。


4月6日、土曜日の朝6時。この日の番組は、京都から出張生放送がおこなわれた。放送終了は朝7時。木梨を見送った古谷アナが向かった先は、市内のホテルだった。会社員の出張宿には、ちょっと似つかわしくない高級宿だ。

しばらくして、古谷アナといっしょに朝食に現われたのが、冒頭の写真で古谷アナと手をつないでいる男性である。その気になる正体は、気鋭のIT企業「Origami」の社長・康井義貴氏(33)だった。

手をつないで歩いている姿をスクープされてしまった古谷アナ。TBS広報部は取材に対して『プライベートは本人に任せている』としているものの、今後の行方に注目があつまります。

ということで、今回は古谷アナの彼氏として話題の康井義貴さんを取り上げます。


熱愛!康井義貴の結婚相手(彼女)=古谷有美?彼氏と寝坊エピソード?

今回、熱愛が報じられた古谷アナですが、冒頭に記載したとおり、3月にラジオ番組を寝坊で欠席したことが話題になりました。

寝坊による欠席と熱愛がほぼ同じタイミングで報道されただけに、ネットなどでは『彼氏とのお泊りで寝坊??』といった憶測も広がっています。

FLASHは今回報じた京都旅行の前にも、康井氏のマンションで密会する姿を何度も目撃しているといいます。

本誌は京都旅行の前にも、康井氏のマンションに入る2人を、何度も目撃している。上の写真は3月下旬、古谷アナの友人を交え3人で食事したときのもの。このあと、古谷アナは、康井氏のマンションへ向かった。

これが事実だとすれば、ラジオ番組の放送直前まで康井氏のマンションにいた可能性も否定できませんよね。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

最近TBSはアナウンサーがどんどん辞めていて、古谷さんや江藤さんなど能力の高い人に仕事が集中して大変そう。そんな疲れを恋愛で癒せるなら良いじゃないか。

オリガミペイと取引先の会社に勤めています。
会社の一貫でオリガミペイのアプリに入ってますが、使えるお店がなくて不便です。いっその事解約したいです。もう少し使えるお店があっても良いのでは?

今や女子アナは野球選手ではなく、IT社長との熱愛が定番化してきたね。

IT社長もミーハーな人が多いもんだね。
ちょっと起業してまだ数年しか経ってないような未熟な経営者の割には、女子アナや女優と付き合うことが一種のステータスになってるね。

ただ、IT社長と付き合っても遊ばれるだけで、幸せにはなれないと思うけどな。
彼らは女子アナや女優と付き合いたいだけであって、別に結婚まで真剣に考えてないと思うよ。

康井義貴の経歴や学歴(高校&大学)は?

時代の寵児とも言うべき康井義貴とは一体どのような人物なのでしょうか?

康井義貴氏は既に記載したとおり、株式会社origamiの代表取締役社長。

QRやバーコードリーダーなどを使用した決済システムを導入している会社です。

2018年からは超高額な賃貸費用がかかることで知られる六本木ヒルズに事務所を移し話題となりました。

世論では、数ある決済システムのなかでorigamiが生き残るのは厳しいという意見が多いものの、設立から数年でココまでの規模に成長している企業ということで、ITベンチャーとしては大きな注目の的になっていることに間違いはありません。

また、経歴については会社概要に以下のように記載されています。

1985年トロント生まれ。
トロント、ニューヨークで幼少期を過ごし、10歳から東京に在住。シドニー大学留学、早稲田大学卒業後、米大手投資銀行リーマン・ブラザーズでM&Aアドバイザリー業務に従事。その後、シリコンバレーの大手ベンチャーキャピタルDCMVenturesで米国、日本、中国のスタートアップへの投資を手掛ける。2012年、Origami(オリガミ)設立。一般社団法人キャッシュレス推進協議会理事、経済産業省産業構造審議会商務流通情報分科会委員も務める。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。