室蘭振興公社横領の40代女性職員は誰で名前特定?

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

北海道室蘭市の室蘭振興公社で、2,000万円を超える横領事件が起きていたことが発覚しました。

この横領事件は室蘭振興公社に務める1人の女性職員が起こしたもので、地元室蘭市でも大きなニュースとなっています。

今回は室蘭振興公社の巨額横領事件と、この犯人について詳しく取り上げていきます。


室蘭振興公社で40代女性職員が横領

この件について、HTBなどは以下のように報じています。

室蘭市の第三セクター「室蘭振興公社」の女性職員が2千200万円あまりを横領していたことが分かりました。

室蘭振興公社社長「第三セクターにおける不祥事であり、室蘭市の信用を損ねる行為であることを深くお詫び申し上げます」と会見で話しました。

ゴルフ練習場の経営や市営住宅の管理を受託している、室蘭市の第三セクター「室蘭振興公社」は3日記者会見を行い、経理担当の40代の女性職員が、2200万円あまりを横領していたと発表しました。

この職員は、おととしから先月まで40回近くに渡って経費を水増し請求するなどして公社の預金を不正に引き出していました。

調べに対して女性職員は、横領した金を借金の返済や旅行に使ったと話しているとのことです。

横領した金額の1/3ほどが、すでに返済されていることから、公社では当面、告訴は見合わせると共に、チェック体制を見直して再発防止に取り組むと話しています。

室蘭振興公社は、『北海道室蘭市入江町1番地79』に所在する会社。

室蘭市が出資を行っている会社であり、以下のような事業を受託しています。


・ゴルフ練習場の運営
・市営住宅などの公共施設の運営

会社の資本のおよそ9割を室蘭市が出資しているということで、市民が起こるのも当たり前と言えるでしょう。

室蘭振興公社横領の40代女性職員は誰で名前特定?

横領事件を起こした犯人について、現在までに公表されている情報は以下の通りです。


・40代女性
・元室蘭振興公社の経理担当
・2020年5月31日付けで解雇処分

さまざまなメディアがこの事件を報じているものの、実名を報じている報道機関は今のところありません。

ただ、今後爆サイなどのリーク系掲示板で実名がさらされる可能性もあります。

横領はどのようにして発覚した?

今回の横領事件は、室蘭振興公社の税務申告などを担当する税理士事務所の指摘で発覚したとのこと。

先月22日、税理士事務所から「仕分けの科目におかしな点がある」との問い合わせがあり、調査した結果、事実を認めた。元職員は横領した約半分を本人と親の借金の返済に充て、残りは旅行代や家電製品の購入などに使っていたという。

室蘭民報などではこのように報じており、税理士の指摘→社内調査によって発覚したことが分かります。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

これってどういうことなの?
2200万も横領されて当面とはいえ告訴しないの発表したら一般人から批判殺到なの分かり切ってると思うんだけど、なんか裏でもあるの?
1/3返済されてるからなんて理由だけで当面の告訴を見送るなんて普通しないよね…

この手の事件で思う事は、管理を一人に任せない。複数人でこまめにチェックする事。印などを預けない。きちんと確認してから複数人捺印をする。2200万円になるまで気がつかないなんて管理が杜撰過ぎです。

社長が副市長じゃなかったかな。昼間は公社の中には女性2人か1人と男性の責任者がいるかいないか。隙がありすぎるから、よっぽど理性のある経理じゃないとまがさすかもね。周りは駐車場と海だし。

スポンサードリンク