マスクおとり広告のドラッグストアとディスカウントストアはどこで店名特定?ウエルシアとダイレックスか

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

国内でも感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響で、マスクの深刻な品薄状態が続いています。

そんななか、とあるドラッグストアとディスカウントストアで、マスクを利用したおとり広告を使っていたことが判明。

ネット上でも大きな話題になっています。


マスクおとり広告がドラッグストアとディスカウントストアで判明

この件について、共同通信などは以下のように報じています。

消費者庁は27日、大手ドラッグストアチェーンディスカウントストアの2社が、マスクがないのにあるかのようにチラシで宣伝し、景品表示法違反(おとり広告)に当たるとして、再発防止を求める行政指導をしたと発表した。

同庁表示対策課によると、2社はマスクの需要が急増し、当初予定していた入荷ができなかったにもかかわらず、新聞や店頭のチラシに「〇月〇日 マスクが入荷する」と記載して配布した。

報道によれば、大手ドラッグストアとディスカウントストアの2社でマスクを使ったおとり広告が判明したと言います。

おとり広告というのは、実際には無いのにも関わらず、あるように見せて客を引き寄せる広告のこと。

すでに行政指導が下ったこの2社は一体どこなのでしょうか?

マスクおとり広告のはどこで店名特定?ウエルシアとダイレックス

共同通信の報道を見る限りでは2社の名前については報じられていません。

ただ、地元ローカル紙である沖縄タイムスの記事を見てみると、この2社の名前が具体的に記述されていました。

消費者庁は27日、大手ドラッグストアチェーン「ウエルシア」とディスカウントストア「ダイレックス」の2社が、マスクがないのにあるかのようにチラシで宣伝し、景品表示法違反(おとり広告)に当たるとして、再発防止を求める行政指導をしたと発表した。

出典:沖縄タイムス

この報道から、行政指導の対象となった2社とは『ウエルシア』『ダイレックス』であることがわかりました。

ちなみに、ウエルシアは静岡県を中心に展開するドラッグストアチェーンで、国内に1,300店舗あまり。

一方、ダイレックスは佐賀県を中心に展開するディスカウントストアで、2009年からサンドラッグ傘下。国内に300店舗近い店舗数をもっています。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

最近うちの近くのほとんどのお店では入り口に、マスクありません!入荷していません!と書いています。
たぶんお年寄りの方が店員さんに聞いてまわってるので業務に支障をきたしているんだと思います。
大きく書いてあっても聞くだろうけど、、
お年寄りが亡くなることが多いから怖いだろうね。

うちの近くのドラッグストアは、外に大きな文字で『マスク品切れ中』と書いてあります。
駐車場に入ってきて、それを見てそのまま駐車場から出ていく人も居るので、店も、買いに来た人も手間が省ける。

チラシ掲載はコロナ出始めであり入荷させる予定が想定外の需要増により追いつかなかった、というのが現状であり元々は政府の対応にも大いに問題があるにも関わらず疲弊しているドラッグストアに責任を押し付ける対応である。

スポンサードリンク