鈴木裕紀(バスケ)パワハラ事件A氏やB選手は誰で名前特定?

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

元バスケットボール選手であり、現在は島根スサノオマジックでヘッドコーチをつとめる鈴木裕紀氏に、パワハラ疑惑が浮上し話題となっています。

この件で、ジャパンプロフェッショナルバスケットボールリーグから、2ヶ月間の職務停止処分という制裁が下されることに。

今回は、鈴木コーチにパワハラを受けたとされるチームスタッフのA氏とB選手に対してスポットを当てていきます。


鈴木裕紀(バスケ)がパワハラ事件で処分確定

今回の件について、バスケットボールキングなどは以下のように報じています

1月21日、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグは、規約違反を行った島根スサノオマジックのヘッドコーチ鈴木裕紀氏に対する制裁を発表した。

鈴木コーチによるパワハラ行為があったとされているのは、2019年の7月と8月。

チームスタッフに対して無理やり海水浴を強要したり、食事を無理やり食べさせるなどして精神的に追い詰めた疑いが持たれています。

また、選手に対してもHCという立場を利用しての叱責などが頻繁に行われたとのことです。

このチームスタッフと選手は2人とも嘔吐するほどまで精神的に追い詰められていたとのことで、ネットでは鈴木HCに対する批判が相次いでいます。

ちなみに、所属チームのスサノオマジックでは、公式ツイッターアカウントにて以下のような投稿も行われています。

A氏やB選手は誰で名前特定?

ネットでは、今回パワハラ被害を受けたとされているチームスタッフのA氏とB選手についても注目が集まっています。

このパワハラ行為が行われたのは2019年の夏ということで、すでに半年程度が経過している状態。

そのため、2020年1月現在でもこの2名が在籍しているのかどうかは不明です。

ただ、スサノオマジックに所属しているスタッフや選手の一覧は以下より閲覧可能。
https://www.susanoo-m.com/team/roster/

スタッフA氏については、パワハラを受けていたということから鈴木HCよりも地位的に下の立場であると考えるのが普通です。

そうなると、アシスタントコーチやアスレティックトレーナー、パフォーマンスコーチなどが該当しそうです。

一方、Bについては『選手』であること以外に有力な特徴が記載されていないため、特定は難しそうです。

鈴木裕紀HCは過去にも不祥事を起こしていた?

今回パワハラ騒動で制裁処分が下った鈴木HCですが、実は過去にも不祥事を起こしていました。

鈴木HCは湘南工科大附属高校在学中に、暴力行為が問題となり、大学進学にまで影響したとのこと。

高校時代には並外れたプレー技術から将来を嘱望されながらも、態度や暴力事件などが問題視されてきたという過去があります。

ちなみに、Yahooには以下のようなコメントも。

90年代前半〜横浜でまともにバスケしてた人なら、コイツのことを知らない奴はいない。中学生のころから試合会場で他校の生徒に因縁つけるような奴だった。湘南工科は神奈川で強い憧れのチームだったけど、暴力事件後に低迷して本当に悲しかった。ずっとバスケ界にその名前があったから、ずっと気になっていた。

今回の事件が起きる以前にも、業界では有名な人物だったようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

選手が嘔吐するぐらいのダメージを与えて追い詰めないと気が済まないのか。
制裁ではなく処分した方がいいと思いますが。

高校時代ヤンチャ坊主だったのは聞いたことあるけど
ヘッドコーチになってからは真摯にバスケットボールに取り組んでる印象だった
残念なニュースです

記事が事実なら酷い。
サッカー湘南に続く、チームトップ指導者の不祥事となりましたね。

復帰の有無はわかりませんが、
復帰後の再度のパワハラは絶対に無い様にして下さい。

スポンサードリンク