済々黌高等学校で丸刈り1円裁判!シメ行為が怖いと話題に

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

熊本県にある名門=済々黌(せいせいこう)高等学校で不祥事が発覚しました。

当時、済々黌高等学校に通っていた男子生徒はソフトテニス部に入部した後、バリカンで丸刈りにされたり、無理やり校歌斉唱などをさせられたりするうちにうつ病になったとのこと。

これによって不登校になった男子生徒は2018年の春に転校。

この件について、転校した元済々黌の男子生徒が熊本県を相手取って裁判を起こしたということです。

今回は大きな波紋を呼んでいる済々黌高等学校のシメ行為と、裁判の行方について取り上げます。


済々黌高等学校で丸刈り不祥事!1円裁判が話題に

この件について、朝日新聞などは以下のように報じています。

熊本県立済々黌(せいせいこう)高校の部活動で丸刈りを強制されたことなどが原因で不登校になり、転学することになったとして、元男子生徒が熊本県を相手取り、1円の損害賠償を求める訴訟を熊本地裁に起こした。2日に第1回口頭弁論があり、県は請求の棄却を求めた。

訴状などによると、元生徒は2017年4月に同校に入学し、ソフトテニス部に入部。同月、部活の終了後に部室近くで3年生部員にバリカンで丸刈りにされた。さらに部活とは別に強制的に綱領を唱えさせられたり、校歌を歌わされたりしたこともあったという。元生徒は同年6月からうつ状態となり、不登校になって18年春に転学した。こうした行為を学校側が制止しておらず安全配慮義務違反があったと訴えている。

出典:朝日新聞

報道によると、現在他の高校に通っている元済々黌高等学校の男子生徒は、熊本県を相手取って裁判を起こしたとのことです。

熊本県側は徹底的に争う構えを見せており、男子生徒の一切の主張を認めない姿勢です。

世論ではこの事件自体にも注目が集まっていますが、それ以上に1円裁判が話題に。

『1円の損害賠償請求って裁判起こす必要あるの?』という声がたくさん上がっていますが、これはいわゆる名誉を守るための裁判であり、金銭的な利益を目的としているわけではないということを示すための措置です

別にいくらでも良いのですが、損害賠償請求をするためには金額を設定しなければならないため、あえて1円という金額を設定しているということです。

ただ、この損害賠償請求でも熊本県は一切を認めない姿勢であるため、県側はかなり強気のようです。

済々黌ではシメ行為が怖いと以前から言われていた

実は熊本県にある済々黌高等学校は、全国的に見てもかなり希有な学校として知られていました。

伝統を強く重んじる校風は、ときに新入生に恐怖を与えるもので、実際に済々黌高等学校卒業生が投稿したネットの口コミなどには『3年間恐怖で過ごしました』などという声が多く書き込まれています。

今回、裁判を起こした男子生徒が受けた丸刈りなどは、済々黌高等学校ではいわゆるシメ行為といわれており、100年以上の歴史を持つ伝統とのこと。

シメ行為=強行指導ということで、他の学校に比べるとかなり独特な伝統を持つ学校であることがわかります。

済々黌高等学校は熊本有数の超名門校

今回不祥事に寄って不名誉な知られ方をしてしまいましたが、熊本県で済々黌高等学校といえば、誰もが知っている超名門校です。

熊本県には難関大学への高い進学実績を誇る高校が3校あり、偏差値順に熊本>済々黌>真和となっています。(2019年現在)

済々黌高等学校の偏差値を見てみると、以下の通り73と評価されています。

ただ、このトップ3校のなかでも済々黌だけはかなり特別であり、上級生と下級生の上下関係が異様なまでにはっきりしていることや、独特な風習校則があることで知られている高校です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

本人がうつ病を発症したと言っているのに、たいして調査もしないで「元生徒の進路変更との因果は薄い」とか軽く言い切っちゃうあたり、熊本だなあという気がする
だいたい市教委の上層部にもOBうじゃうじゃいるだろうしね

勉強出来るけど熊本高校は難しい
じゃあ済済黌だ
という感覚で行くところではない
ここは特殊
おとなしめな子は熊本高校ダメなら真和高校か第二高校に行くのがいいと思う

OBですが、ソフトテニス部に丸刈り強制の伝統があったとは初耳でした。普通に髪伸ばしてましたけどね。みんな。そんなものは伝統でも何でもないと思いますし、あるとすれば間違ったやり方です。そんなことで話題になってしまうことが残念。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。