【夫と離婚?】生稲晃子の乳がんのステージと娘に対する苦悩

女優

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

2018年は夏以降有名人の訃報が続いています。そんななか、日刊ゲンダイの取材に対して女優の生稲晃子さんが自信の病状について告白し、注目を集めています。以下、さくらももこさんの訃報を受けた生稲晃子さんの様子を取材した日刊ゲンダイから引用です。

おニャン子クラブの元メンバーで、女優の生稲晃子さんは、2015年11月、右乳房の全摘、再建手術などを公表した。今回のさくらさんの死に際して、「『ちびまる子ちゃん』は娘と楽しみに見ていたので残念です」と言う。

そんな生稲さんのがん発覚は43歳になった11年4月で、約5年間、周囲に伏せていた。
たまたま受けた人間ドックで乳がんの告知を受けた。

「ショックだけでした。『どんな人生が待っているのだろう』と、不安で、頭の中は埋め尽くされました。夫は冷静に受け止めてくれていました。悩んだのが、5歳だった娘に言うか言うまいかでしたが、この子にも母親の状態を知っておいてほしいし、理解をしてくれると信じて話しました。娘は、『ママの入院が嫌、ママが死ぬのは嫌』と泣いていましたが、その泣く姿を見て、小さいながらも理解をしてくれたのだと安心しました」

生稲晃子さんは過去に再発を経験していて、一時期は死をも覚悟したといいます。

そんななかで一番悩んだの5歳になる娘に告白するかどうかということだったそうです。

ここでは、生稲晃子さんの現在の病状と離婚の噂を詳しく見ていきます。

スポンサーリンク


生稲晃子の乳がんのステージと娘に対する苦悩

冒頭にも記載したように、生稲晃子さんに乳がんが発覚したのは2011年4月のことです。

その後、再発し、2013年の12月に右乳房の全摘出手術を受けました。これを含め、手術回数は5回に及ぶといいます。

がんは取った後からが闘いで、治療が長きにわたる場合が多いと思います。特に乳がんは、他のがんより進行が遅いといわれているため、10年間病院のお世話になるとのこと。検査代、診察代、薬代など、しこりを取ってしまったら終わりではないことを学びました。保険を見直しておくことは大事かなと思います」

生稲晃子さんはこのようにも語っているとおり、がんは手術後に再発の恐怖と闘いながら生活する必要があります。

彼女の病状は2018年9月現在、退院もしていて安定しているとのことですが、今後も再発のリスクを抑えるために投薬などの治療を続けていくとのことです。

夫・佐山智洋氏との離婚の噂は本当か?

スポンサーリンク

生稲晃子さんといえば、2003年にCM会社でプロデューサーをされていた佐山智洋氏と結婚されています。

現在、夫の佐山智洋氏は鉄板焼き屋を経営しており、会社の方も安定。収入もかなりあるそうです。

2006年以降は夫婦で鉄板焼き屋の経営をしていることも報じられ、仲睦まじい姿が週刊誌でも取り上げられました。

ただ、2011年のガン発覚以降、夫婦間に亀裂が入ったのでは?という噂がネットを中心に流れます。

結論から言うと、夫婦間にトラブルはなく、むしろ家族ぐるみで生稲晃子さんの看病をしていたようです。

そのため、離婚や不倫などの噂は完全にデマということですね。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。