【逮捕?】CBSレスリームーンベス会長がセクハラ辞任 経歴や年収について

海外

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

海外で権力者によるセクハラ問題がまた報じられています。アメリカの大手メディアの会長兼最高経営責任者であるレスリー・ムーンベス氏が辞任することが分かりました。映画.comニュースによれば以下のように報じています。

米CBSのレスリー・ムーンベス会長兼最高経営責任者が、セクハラ騒動をきっかけに辞任することになった。

今年7月、米ニューヨーカー誌はムーンベス氏にセクハラを受けたとする6人の女性とパワハラに遭ったされる数十人の元社員たちの告発を掲載。これを受け、CBSの取締役会は調査を行うと発表したものの、ムーンベス氏に対する処分はなかった。

すると同誌は最新号で、ムーンベス氏に被害を受けたとする新たに6人の告発を掲載。これにより、ムーンベス氏は辞任を発表。ただし、数々の疑惑については否定している。

会長の座を退いたレスリー・ムーンベス氏ですが、現在でも疑惑については否定しています。

ただ、被害者が次から次へと出てくるこの状況ではさらなる責任追及は免れないと思われます。

スポンサーリンク


逮捕?CBSレスリームーンベス会長がセクハラ辞任

冒頭に記載した通り、レスリー・ムーンベス氏の辞任が正式に発表されました。後任についてはBBCが以下のように報じています。

CBSはプレスリリースで、ムーンベス氏は会長と社長、CEOの職をいずれも即日辞任すると発表した。
社長とCEOの後任にはジョゼフ・イアニエロ最高執行責任者(COO)が就く予定。

現在は独立機関による調査が行われている段階であり、本人も事実関係を否定していることから法的な処分は決まっていません。

しかし、聞き取り調査などの結果によっては捜査機関が入り、本格的な訴訟問題に発展する可能性もあります。

ちなみに、彼の辞任に対しては退職金に関する問題も注目を集めています。

英経済紙フィナンシャルタイムズは、ムーンベス氏はこの退任でストックオプションを含む高額の退職手当を得ると報じている。米メディアによると、その額は計1億ドルに上る。

しかしCBSは、セクハラ疑惑について独立調査の結果が出るまで、ムーンベス氏に退職手当を与えない方針を示している。

また、「職場での女性の平等」を推進する団体への寄付は、同氏の退職手当から拠出されるという。

CBSはこれとは別に、6人の取締役が辞任し、新たに6人が選出されたことを明らかにした。

BBCではこのように報じており、巨額な退職金がどのように取り扱われるのかも注目の的になっています。

経歴や年収について

スポンサーリンク

レスリー・ムーンベス氏は1949年10月6日ニューヨーク生まれの経営者。バックネル大学を1971年に卒業後、マンハッタンに移り住み俳優の道を進みます。

その後はキャスティングディレクターなどを務め、数々のヒット番組を作り上げてきた人物です。彼が手掛けた高視聴率番組には。「CSI:犯罪捜査班」シリーズや「サバイバー」などがあります。

1995年にCBSエンターテイメントに入社し、2006年からCEOを務めています。

BBCでは彼を全米でももっとも給料をもらっている経営者と紹介している通り、大富豪であることには間違いありません。

年収に関しては諸説ありますが、株の配当なども合わせておよそ7000万ドル程度だといわれています。

ちなみに、レスリー・ムーンベス氏は今回の騒動を受けてセクハラ被害者を支援する団体に日本円でおよそ20億円を超える金額を寄付することを表明しています。

CBSは、同社とムーンベス氏はセクハラ被害者を支援する「#MeToo」運動に2000万ドル(約22億円)を寄付すると表明している。

※BBCより引用

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。