韓国の日本大使館に汚物投入の70代男=犯人は誰で名前特定?顔写真(画像)や逮捕の可能性

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

日韓関係がこじれ、両政府が経済や外交面での報復措置を続けるなか、韓国にある日本大使館で事件がおきました。

地元ニュースによれば、70代の男性が日本大使館に対して汚物を投げ入れたとのこと。

今回は、今後波紋を呼びそうな日本大使館への攻撃について取り上げます。


韓国の日本大使館に汚物投入の70代男=犯人は誰で名前特定

今回の件について、第一報を報じているのはソウル聯合ニュースです。


韓国警察によると、70代の男が14日午前11時ごろ、人糞の入ったビニール袋を現在工事中の日本大使館(ソウル市鍾路区)の敷地に向けて投げた。袋は工事現場の覆いに当たって落ち、破けなかったため中身は飛び出さなかった。

付近の警備にあたっていた警察が男を制止し、ソウル鍾路警察署に任意同行した。男は警察の調べに対し、日本政府の経済報復などに抗議する意味で袋を投げたと供述したとされる。

警察関係者は「器物損壊未遂の容疑で立件するかどうかを検討中だ」と伝えた。

出典:聯合ニュース

報道によると、70代の男性は汚物を日本大使館へ投げ込んだ疑いが持たれているといいます。

報道のなかではこの犯人とみられる70代男性が韓国人なのかどうか?ということが報じられておらず、ネットでもその点に関して疑問視する声があがっています。

この事件を報じているのが韓国メディアであることから、『都合の悪いことは書かないのか?』という意見もある一方で、『自国に不利なニュースを報じるのは珍しいな』という声も見られます。

また、現段階では逮捕されていないということで、名前も公表されていません。

こちらについては最新情報が入り次第追記させていただきます。

顔写真(画像)や逮捕の可能性

今回の事件で汚物を投げ込んだとされる70代男性の顔写真などについても、現段階では公表されていません。

写真については逮捕後に氏名とともに公表されると思われますが、そもそも逮捕の可能性はどれくらいあるのでしょうか?

記事のなかでは『立件するか検討中』と書かれており、通常であれば逮捕まで行くのが普通。

逆に、もしこれで逮捕されなかったとしたら、韓国警察や韓国の司法のあり方を疑ってしまいますね。

ちなみに、今回の事件で韓国を一方的に避難する声が大半を締めていますが、実は3年ほど前に似たような事件を日本人も起こしています

以下がそのときの報道記事です。

横浜市中区の韓国総領事館敷地内で昨年12月、「靖国神社の事件に報復する」などと書かれた紙が貼られた箱が見つかった事件で神奈川県警は14日、威力業務妨害容疑で、男の逮捕状をとった。午後にも逮捕する方針。

県警によると不審物は紙製の箱で、昨年12月12日午前に同区山手町の韓国領事館の男性職員が発見、敷地外から投げ込まれたとみられる。箱の中身は人の物とみられる排泄(はいせつ)物が入っており、箱の外側に在日韓国人が特権を持っているなどと主張する団体の名前が書かれた紙が貼られていたという。

出典:産経新聞

靖国で起きた事件に対する報復措置ということで、20代の日本人が逮捕されました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

また韓国民による攻撃があった模様 今度は、汚物(韓国人が良くやる事なので知ってる人なら何を指してるのか想像出来ますね)

こういうニュースが報じられる度に韓国人は大丈夫なのか?と疑問に思う。

70代男性は韓国人で間違いないかな?なんで書かないんだろ。察しろと?

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。