藤本健二がスパイ疑惑で行方不明!現在の居場所や正体(本名)を調査!粛清や身柄拘束の噂も

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

故・金正日氏の元専属料理人であり、著書『金正日の料理人 間近で見た権力者の素顔』などでも有名になった藤本健二さんが、行方不明なっているという情報が入ってきました。

デイリー新潮などによると、以下のように報じています。


最近、その藤本氏の身を案じる情報が乱れ飛んでいるという。先の公安関係者が語る。

「観光客を含め、訪朝した日本人は『たかはし』を訪れることが多いが、ここしばらく、店が完全に閉じられているそうです。日本で彼と付き合っていた関係者も全く連絡が取れない状態が続いています」(公安関係者)

一体、彼の身に何が起きているのか。

「むろん真偽不明ではありますが、こんな物騒な情報も流れています。12年と16年に平壌へ行き、正恩と面会していますが、その時に得た情報を米国のCIAに提供。それが、今になってバレて、スパイ容疑で拘束されているとか。まさか、そんなことないでしょうが、消息が分からなくなって、関係者が心配していることは紛れもない事実です。とにかく、無事でいてくれればいいのですが……」(同・公安関係者)

公安関係者の証言に登場する『たかはし』というのは、藤本氏が北朝鮮にて開いた料理店で、日本食をメインにコース料理を提供しているお店です。

一部関係者の間では、藤本氏の身を案じるさまざまな憶測が飛び交っているようです。


藤本健二が行方不明!スパイ疑惑もかけられている?

冒頭で取り上げたように、藤本氏がココ最近消息を絶っているようです。

料理店『たかはし』のオーナーである藤本氏は、基本的に北朝鮮で生活をしているようですが、日本の関係者とも全く連絡が取れない状況が続いているといいます。

藤本氏は金正日氏の専属料理人というだけでなく、現在の最高指導者である金正恩氏の幼少期時代の遊び相手だったことでも有名。

日本人が平壌中心部に料理店をオープンするというのは異例中の異例であるにもかかわらず、藤本氏に許可が降りたのは金正恩氏の力が働いたともいわれています。

そんな藤本氏は日本国内で北朝鮮の裏を知る人物として有名になり、メディア出演や著書執筆など精力的に活躍。

このような活動が北朝鮮の目に止まり、スパイ容疑をかけられたのではないか?とする見解も出ているようです。

粛清や身柄拘束の噂も

一部の公安関係者の間では、藤本氏が身柄拘束されている可能性についても示唆しています。

北朝鮮といえば、最高指導者の方針に逆らったものは誰であろうと容赦なく処分を下すことでも有名で、直近では金英哲(キム・ヨンチョル)氏の粛清疑惑が報じられました。

その後、疑惑は修正され、実際は強制労働刑に処せられたとされていますが、藤本氏も同じような処分がくだされた可能性もあるといわれています。

現在の居場所や正体(本名)を調査

現在の居場所や行方については、今のところ何の情報もなく、日本の公安も手をこまねいているようです。

ちなみに藤本健二という名前は偽名であり、本名は別にあるというのは有名な話。

その本名についてネットでは話題になることも多いですが、彼にとって本名を明かすことは命を危険に晒すことと同義。

そのため、本名は未だ一切明かされたことはありません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

この人は身柄拘束されてもしょうがないんじゃない。ずっと北朝鮮で魚をさばいてたらいいよ。

平壌でうまいラーメン店を、出すとか、拉致被害者の心情を逆なでするような事をするから、以前より気に入らなかった。拘束されたなら序でに粛清されたと思う。拉致被害者を蔑ろにした報いだな。激怒

この記事が事実であるならば。この方実際はスパイだったんじゃない。しかも、ダブルの。もしかしらた、トリプルかもよ。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。