大阪府吹田市交番襲撃事件の東京都内に住む男(33)=品川区は誰?名前(実名)と現在の居場所を特定?

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

大阪府吹田市の交番が襲撃され、警官一人が重傷を負った事件で、逃走中の容疑者が固まりました。

産経新聞などは以下のように報道じています。

16日午前5時40分ごろ、大阪府吹田市千里山霧が丘の千里山交番前で、この交番に勤務する府警吹田署地域課の古瀬鈴之佑(こせ・すずのすけ)巡査(26)が包丁で複数箇所を刺された。古瀬巡査は意識不明の重体となり、実弾5発入りの回転式拳銃が奪われた。府警は強盗〇人未遂事件として吹田署に捜査本部を設置。捜査関係者によると、東京都内に住む男(33)が関与した疑いが強まったとして逮捕状を請求する方針を固め、行方を追っている。

府警によると、事件前の午前4時13分~同5時1分、交番の周囲を歩き回る不審な男が8回、交番の防犯カメラに写っており、府警は画像を公開。捜査関係者によると、同日午後、大阪市内の警察署に「防犯カメラの男に息子が似ている」と届け出があった。息子とみられる男は東京都品川区在住の33歳で、14日から、現場の交番から約2キロ離れた同市内のホテルに宿泊していたという。

事件発生から24時間が経過しようとしているなかで、いまだに捕まらない犯人。

捜査本部では容疑者が固まったようですが、メディアなどでは実名報道されていません。

この容疑者の人物像とはいったいどのようなものなのでしょうか?


大阪府吹田市交番襲撃事件の東京都内に住む男(33)=品川区は誰?名前(実名)は?

今回の事件で被害を受けた警察官=古瀬鈴之佑巡査が一命をとりとめたことにより、犯人逮捕への情報もより正確なものが期待されます。

そんななかで、大阪府警は容疑者を1人に絞り込んだと公表。

すでにその人物を書類送検したとのことです。

これを受けて、各メディアは速報で報じているものの、実名が公表されていません。

現在公開されている公式情報をまとめると、犯人像は以下のようになります。

・東京都品川区在住
・年齢33歳
・14日から大阪府吹田市内のホテルに宿泊していた

実名などは今のところ報道されていませんが、書類送検をしているということもあり、実名が報じられるのも時間の問題でしょう。

犯人の現在の居場所はどこ?

犯人の居場所に関しても、ネットでは話題になっています。

犯人は吹田市内のビジネスホテルに宿泊しており、事件を起こしてから数時間後に北千里駅前のイオンで服を着替えたことがわかっています。

その後の犯人の足取りはつかめていませんが、目撃情報などは想像以上に少なく、今なお吹田市の住民の間では不安の声が多く聞かれます。

人目に付きやすい公共交通機関を使って逃亡したとは考えにくいものの、現在は日本のどこにいてもおかしくありません。

そのため、吹田市内だけでなく、大阪全体、ひいては日本全体で警戒する必要があるといえるでしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。