岩崎隆一容疑者(川崎市襲撃事件)の国籍=在日(韓国)?子供や妻はいる?母親や父親,兄弟など家族情報

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

川崎市登戸で発生した通り魔事件の犯人=岩崎隆一容疑者に注目が集まっています。

当初、名前すらも公表されていませんでしたが、某夕刊紙にて犯人の名前が公表されたことにより、ネットで話題となりました。

また、ここにきて週刊ポストが彼の自宅に電話をかけ、取材をしたという記事を公表し、こちらも話題になっています。

確保されたのは、川崎市麻生区に住む51歳の岩崎隆一容疑者。神奈川県警が動機や背景の捜査を進めている中、本誌・週刊ポストが岩崎容疑者の自宅に電話すると、親族とみられる男性と接触することができた。記者が名乗った上で、容疑者の名前を告げて「そちらに(住んで)いるのか」と聞くと、「いるような、いないような」と回答した。

週刊ポストの取材によれば、岩崎容疑者は自宅にほぼ帰らないような人物だったといいます。

今回は、川崎市襲撃事件の犯人像について取り上げます。


岩崎隆一容疑者(川崎市襲撃事件)の国籍=在日は本当?

今回報じられた週刊ポストの内容は、とても興味深いもので、犯人の詳細が公表されていない現在、とても有力な情報となるでしょう。

同誌の取材で親族とみられる男性から得られた情報をまとめると、以下のようになります。

・すでに自宅に警察官が来ている
・取材に応じた男性は事件の詳細について何もわからない
・岩崎容疑者は自宅にほとんど帰らない
・家にいることもあったが、暮らしているという感じではなかった

さらに詳細を尋ねたところ、電話は切られてしまったといいます。

特に、『家にいることもあったが、暮らしているという感じではなかった』というところが興味深いですが、一方でそれは具体的にどのような状態だったのか?というのが釈然としないところでもあります。

ネットでは、彼の国籍についてさまざまな憶測が飛び交いましたが、今のところ正式な国籍情報については公表されていません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

母親や父親,兄弟など家族情報

当記事で取り上げた、週刊ポストの取材相手が誰だったのか?という件については明かされていないためわかりませんが、同居していた人物がいたことは確かなようです。

犯人の年齢からすると、電話対応をした男性は父親ではなく、兄弟である可能性が高いと見られています。

岩崎容疑者の自宅は一軒家であるという情報もあるため、この男性以外にも母親、父親が同居していた可能性は高いでしょう。

家族構成についても、詳しい情報が入り次第追記いたします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。