【顔画像あり】ビエットルオン在日米陸軍司令官の異色の経歴

海外

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

在日米陸軍のトップ(司令官)に異色の経歴を持つビエット・ルオン氏が内定したことで話題になっています。時事通信は以下のように報道。

在日米陸軍(司令部・神奈川県のキャンプ座間)の次期司令官に在韓米陸軍の作戦担当幹部だったビエット・ルオン少将が内定し、近く就任することが26日、関係者への取材で分かった。

ルオン氏はベトナム出身で、子供の頃に戦火の祖国を家族と逃れ米国に移住。将官まで上り詰めた異色の経歴を持つ。

報道にもある通り、ビエット・ルオン氏はベトナム出身。顔立ちもアジア系です。

苦難を乗り越え、アジアの軍隊やその本性に詳しいとされるビエット・ルオン氏の来日を歓迎する声は多くなっています。

スポンサーリンク


顔画像あり!ビエットルオン在日米陸軍司令官の異色の経歴

この度、在日米陸軍の司令官に就任するビエット・ルオン氏。

冒頭でも取り上げたように、彼は子供の頃に祖国を家族とともに逃れ、アメリカに移住したという経歴を持っています。

また、時事通信は彼の生い立ちを以下のように報道。

米陸軍によると、ルオン氏の父親はベトナム戦争当時、米軍が支援した南ベトナム軍の将校だった。1975年4月のサイゴン(現ホーチミン)陥落直前、当時9歳だったルオン氏は家族と共に米空母に逃れて脱出。政治難民として米国に移住した。

米陸軍に入隊し、イラク戦争やアフガニスタンの対テロ戦などに参加。2017年から韓国に駐留する主力部隊の米陸軍第8軍の副司令官(作戦担当)を務めた。

2018年8月26日現在は在韓米軍副司令官というポジションにいます。

そのため、ビエット・ルオン氏は韓国軍のあらゆる情報を持っているとされており、性質や本性なども見抜いているといわれています。

そんなビエット・ルオン氏に期待する声は国内でも多いようです。

ビエット・ルオン氏に期待する世論の声

スポンサーリンク

ネットを中心にビエット・ルオン氏の着任に対するコメントを集めました。

苦難を経験したルオン氏
期待しています

ビエット・ルオン少将歓迎します。在日沖縄米軍の特に海兵隊の綱紀粛正を厳粛に行ってください。よろしくお願いします。

いいですね! たぶん韓国民、韓国軍の本性を見抜いている人です。

ベトナムに対して韓国がやった事も分かってるし、韓国勤務時代に韓国人の国民性も理解してるってことね

韓の内情知ってる人
有事の際、韓がどうなるかを知っているから日本に配属されたと言うことか

色々な声はありますが、8割がた歓迎の声です。

北朝鮮問題や中国、ロシアなどとの対立が続くアメリカにとっても、今回の異動は大きな意味を持っているといえるかもしれません。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。