【トッテナム退団も?】ウーゴロリス=フランスGKが飲酒運転で逮捕!事件の詳細や経緯

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

イングランドプレミアリーグの強豪『トッテナム』に所属し、フランス代表の正GKとしてもロシアワールドカップで大活躍した守護神ウーゴ・ロリス選手が飲酒運転で逮捕されたとの一報が入ってきました。BBCによれば以下のように報道。

31歳のロリスは24日2時20分ごろ、ロンドン中心部で車を運転していたところ、警察に捕まった。すでに保釈されており、9月11日に裁判所に出廷する予定とのこと。

本人のコメントもまだ発表されていませんし、警察の公式発表もありませんが、すでにクラブはかなり激怒しているようで、トッテナムのなかでの地位もかなり厳しいものとなるかもしれません。

スポンサーリンク


ウーゴロリス=フランスGKが飲酒運転で逮捕 事件の詳細や経緯は?

この事件を受けて、海外のさまざまなメディアが速報で報じています。スーパースターの飲酒運転とあって、フランス国民にもかなりの衝撃が走っているようです。海外メディアが報じている情報を基に、事件の詳細や経緯をまとめておきました。

ロリスはアーセナルのDFローラン・コシエルニー、チェルシーのFWオリビエ・ジルーら同胞とディナーをともにしたあとで問題を起こした。

ロリスが検挙されたのはロンドン西部のグロスタープレイスで、パトロール中の警察によって車を停止させられたという。

すでにロリスは保釈されており、9月11日の火曜日にウェストミンスター裁判所へ出廷することになるとのことだ。

クラブは給料2週間分となる約30万ポンド(約4200万円)の罰金処分を科すほか、キャプテンマークをはく奪する可能性もあるとみられている。その場合、FWハリー・ケインが主将の座を引き継ぐことになりそうだ。

ディナーで酒を飲み交わしていたメンバーも一流選手たちばかり。今回はウーゴ・ロリスの飲酒運転しか発覚しませんでしたが、同席した他の2選手についても疑いを向けるべきだとの声もあります。

トッテナム退団もあり得る?

スポンサーリンク

BBCの報道によれば、およそ4200万円の罰金処分が相当と報じています。そのうえ、トッテナムでキャプテンを務めている現在の立場を失う可能性があると報道されています。

ただ、裁判で飲酒運転に常習性が認められる場合や極めて悪質性が高いと判断された場合には、さらに思い制裁が下るかもしれません。

過去にもサッカー選手の不祥事では、退団処分になったという例も少なくありません。

今回は飲酒運転ということで、そこまで重い判断がなされるとは思えませんが、一部ファンの間ではトッテナム対談もありえるのか?と心配する声も多く聞かれます。

以下、Twitterや各ネット掲示板への書き込みを集めました。

日本なら長谷部が同じことやるようなもんだよな。

W杯の決勝戦でもポカしてたし、気の抜けやすいヤツなのかもな。

海外のサッカー選手って日本だと余裕で選手生命終わるレベルの犯罪を最低一度はやらかしてるイメージある

ロシアW杯の栄冠が、飲酒運転で逮捕。失うものは、仕方ないですね。

サラーも運転中にスマホいじって罰金だし、プレミアしっかりせい

モハメド・サラーに関するスマホ事件については『【証拠映像(動画)】リバプール=モハメド・サラーが逮捕?移籍金情報その他』を参照。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。