【死因:病気(誤嚥性肺炎)】モンキーパンチが死去 現在の自宅はどこ?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

ルパン三世で知られる漫画家モンキーパンチさんが死去しました。まんたんウェブなどによると以下のように報じています。

ヒット作「ルパン三世」などで知られるマンガ家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんが11日、肺炎のため死去した。81歳。

1937年に北海道浜中町で生まれる。65年に「プレイボーイ入門」でマンガ誌「漫画ストーリー」(双葉社)からメジャーデビューを果たし、67年8月にマンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で「ルパン三世」の連載を開始。人気を博して、71年にはテレビアニメが放送開始。その後もテレビシリーズ、劇場版など現在まで新作が作り続けられるヒットアニメとなった。

80年以降、サンディエゴ・コミックコンベンションINKPOT賞、ローマ・コミックフェスティバルROMICS金賞、AMD Award功労賞、東京アニメアワードアニメ功労賞などを受賞。晩年もCGを使った3Dアートの研究など意欲的に活動したほか、大手前大学などの客員教授としてマンガ制作の講義を行うなど、後進の指導にも努めた。

日本を代表するマンガの生みの親であり、世界的にも大きな評価を受けているモンキー・パンチさん。

世界中でも速報で訃報が報じられています。


死因:病気(肺炎) モンキーパンチが死去

報道にある通り、モンキー・パンチさんが死去しました。

直接的な死因誤嚥(ごえん)性肺炎とのことです。

スポニチアネックスの報道によれば、2~3年前から体調を崩していたということです。

アニメ関係者によると「2、3年前から体調を崩し、故郷の北海道浜中町で毎年参加していたイベントも欠席しがちだった」という。それでも作品50周年の2017年には車椅子で出席。「僕だけの力でなく、いろんな方に手伝ってもらったから。100年続けばいいな」と話していた。

報道によれば、後日モンキー・パンチさんを偲ぶ会が開かれるといいます。

2012年からは故郷の浜中町で、ファンイベント「ルパン三世フェスティバルin浜中町」開催されているほか、07年のテレビスペシャル「ルパン三世 霧のエリューシヴ」も同町が舞台になるなど、郷里への思い入れでも知られていた。

報道ではこのように報じられており、近年は故郷の浜中町を中心に活躍していたようです。

ルパン三世シリーズは現在でもたびたびテレビ放映されており、今後、シリーズは続くのかどうか?というのもファンの間では話題になっているようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

主人公の声の方、そして好敵手銭形警部の声の方が亡くなられ作者の先生が亡くなられた。寂しくなっていくがこれからも日本の漫画アニメの歴史として語り継がれる人気シリーズ、パチンコでは現在もかなり元気らしいが、新作もまたみてみたいものですね。ご冥福をお祈り申し上げます。

〝ルパン三世〟ど真ん中の世代です。まだまだ続編が見られると思っていたのですが残念です

慎んでお悔やみを申し上げます

ショックです、寂しい。ここのところ寒暖差が激しいから体調も崩しやすいですね
ルパン三世というアニメは日本の宝をのこしていただきありがとうございます。
ご冥福をお祈り申し上げます

現在の自宅はどこ?

日本を代表漫画家なだけあって、ネットでは彼の自宅に興味も持っている人も多いようです。

自宅は公式発表されていませんが、ネットユーザーの間では千葉県佐倉市にある、とある大きな一軒家との情報がありました。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。