【死因は病気?】リナチェルリャゾワ(スキー/エアリアル)が死去 ウズベキスタン:リレハンメル金

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

冬季オリンピックのエアリアルで初代女王に輝いたリナ・チェルリャゾワ(Lina Cheryazova)選手が死去しました。共同通信などは以下のように報じています。

1994年リレハンメル冬季五輪で正式種目となったフリースタイルスキー・エアリアルの初代女王リナ・チェルリャゾワさん(ウズベキスタン)が死去したと、AP通信が25日、伝えた。50歳だった。

居住していたロシアのノボシビルスク市の担当者は「長い闘病生活の末、死去した」としたが、詳しい死因などは明らかにしなかった。

50歳という年齢での突然の訃報に、ショックを受けた人も多いようです。


死因は病気?リナチェルリャゾワ(スキー/エアリアル)が死去

報道にもある通り、訃報を報じた地元の市の担当者などは死因を明らかにしていません

Officials in the Russian city of Novosibirsk, where Cheryazova was living for the last two decades, said she died “following a lengthy illness,” without giving further details.

ただし、市はこのようにコメントを発表しており、長い闘病の末の死去であったことがわかります。

彼女は、全盛期であった1994年の夏、トレーニング中に頭蓋骨骨折という大怪我を負いました。

この事故は大変大きいもので、1ヶ月以上も昏睡状態が続いたと地元紙が報じました。

結局、この怪我から本格的な復帰をすることなく、現役を引退しました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

あんま知らない選手だけど、50歳ってめっちゃわかいな。。。
ご冥福をお祈りします

日本では知ってる人少ないけど、地元ウズベキスタンでは英雄。
素晴らしい選手でした。ありがとう。

エアリアル競技ではウズベキスタン唯一のメダリストですね。
やすらかに。。。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。