【逮捕】ミシェルテメル大統領(ブラジル)が汚職容疑(マネーロンダリング)!モレイラフランコも

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

ブラジルの前大統領であるミシェル・テメル(Michel Temer)氏が汚職容疑で逮捕されました。AFP通信などによると、以下のように報じています。

ブラジル警察は21日、汚職捜査の一環として、ミシェル・テメル(Michel Temer)前大統領(78)を逮捕した。検察当局の発表によると、テメル氏には「犯罪組織」の指導者として横領やマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した疑いがかけられている。

テメル氏はサンパウロで身柄を拘束された。同国では同氏のほかにも、「洗車(Car Wash)」作戦と呼ばれる汚職捜査で政治家や企業幹部数十人が逮捕されている。

今回の事件で、汚職事件に関与したとみられる前エネルギー相のモレイラ・フランコ氏も逮捕されたとのことです。


連邦検察当局の発表によると、テメル氏に対する捜査により「明確な重大性のある具体的行動に関与し、本格的に活動している犯罪組織の存在」が発覚。テメル氏の他、モレイラ・フランコ(Moreira Franco)前鉱業・エネルギー相を含む数人も逮捕された。

今回は日本メディアでほとんど取り上げられていない、ミシェル・テメル氏逮捕のニュースを取り上げます。


逮捕!ミシェルテメル大統領(ブラジル)が汚職容疑(マネーロンダリング)

ミシェル・テメル氏は1940年9月23日生まれのブラジルの政治家です。

ブラジル大統領には2016年8月31日に就任し、2018年12月31日に退任しています。

実は、今回の汚職疑惑は2017年から既に持ち上がっていました。

ブルームバーグの当時の記事などによると、以下のように報道されていました。

ブラジルが再び政治危機に陥りつつある。前大統領の弾劾・罷免を受け昨年就任したテメル大統領が、マネーロンダリング(資金洗浄)などの罪で起訴された前下院議長の汚職スキャンダルで隠蔽(いんぺい)画策に関与した疑いがあると地元紙が伝えた。

グロボ紙は17日夜、テメル大統領が前下院議長のエドゥアルド・クーニャ被告への支払いを承認する様子をひそかに録音したテープを食肉加工会社JBSの幹部2人が最高裁判所に提出したと報道。同被告は昨年のルセフ前大統領の弾劾を主導したが、今年3月にマネーロンダリングと汚職の罪で起訴されている。このテープは司法取引のための証拠の一部として提出されたという。

出典:2017年5月18日付、Bloomberg


この報道が出た後、6月に起訴されたものの最高裁は大統領在任中の司法手続き中止の決定をしたため、審議は保留されているところでした。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

やりすぎの金持ち優遇政策で、なんかあるとは思いましたが、色んな所から恨まれてたのでしょう。
ブラジルは、普通の民主主義だね。

貧富の差が激しい国の大統領は、こんなもん!

中南米の大統領で汚職していなかった人なんてほとんどいないだろうけれど、この人はスケープゴートにされたようだね。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。