【死因は事故】神戸勝彦シェフ(イタリアン)が死去=店内で亡くなる

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

イタリアンの料理人として、料理の鉄人などにも出演した神戸勝彦シェフが死去しました。日刊スポーツなどは以下のように報じています。


90年代にフジテレビ系で放送された「料理の鉄人」で“イタリアンの鉄人”として知られた料理人の神戸勝彦さんが亡くなったことがわかった。親交があったパティシエの鎧塚俊彦氏が追悼した。

鎧塚氏は16日更新のフェイスブックで、「第一報を受けた時から嘘であって欲しいと念じ続けきっとそこにいらっしゃるはずと直ぐにお店を訪ねましたがやはりそこにはもういらっしゃいませんでした」と書き出し、神戸さんとの思い出をつづった。

続けて「今でも恵比寿店の裏口を開ければ満面の笑みで両手に鍋を持って立っていらっしゃる気がしてなりません。『MASSA』神戸勝彦シェフ あなたほど優しく愛情に溢れ腕もたつ料理人はいませんでした 恵比寿では先輩でしたが年齢は私より四つも下ではないですか早すぎます」と惜しみ、「働きづめでしたから少しゆっくりして下さいませ、そして少し休んだら女房に大好物のポルチーニのパスタでもまた作ってやって頂けますでしょうか? 神戸シェフ、本当にありがとうございました」と悼んだ。

名物料理人の急な訃報に、彼がオーナーシェフを務める『リストランテMASSA』のファンをはじめ、各方面から悲しみの声が広がっています。


死因は事故!神戸勝彦シェフ(イタリアン)が死去=店内で亡くなる

今回訃報が報じられたのは、フジテレビで放送されていた料理の鉄人にも出演した神戸勝彦シェフです。

日刊スポーツの報道によれば、店内で高いところから転落し、亡くなったとのことです。

神戸さんと親交があった東京・六本木の人気フレンチ「ル・ブルギニオン」のオーナーシェフ菊地美升氏は、自身のフェイスブックで「悲しいお知らせです。木曜日の朝、リストランテ・マッサの神戸勝彦シェフ(マサ君)がお亡くなりになりました。朝、スタッフが来る前に1人で仕込みをしていて何かを取ろうとして高い所から落ちたようです。スタッフが来て病院に運ばれましたが、意識が戻らなかったそうです」と伝えた。14日に逝去したという。49歳だった。

彼がオーナーシェフを務めるリストランテMASSAは、東京都渋谷区恵比寿の住宅街にある高級レストラン。

こだわりの食材と、確かな経験から作り出されるパスタはお店の名物になっていました。

あまりにも早い死に、ネットなどでもショックを受けた人は多いようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

番組で調理開始と共にダッシュして食材を取りに行く姿を思い出します。

新たに設置された“第四の鉄人”で、他の鉄人に比べて年齢とキャリアの浅さゆえのプレッシャーもあったでしょうが、よく頑張ったなぁと当時はそう思ったものです。

神戸さんの人生、まだまだこれからだったと思うと本当に残念。一般人ですら思うのですから、鎧塚さんら同業の方々はなおのことと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

途中追加されたイタリアンの鉄人、神戸勝彦さんの遺族にお悔やみ申し上げます。
料理の鉄人、いいフォーマットの番組だったのにフジテレビがリブートに失敗して触れてはいけない黒歴史の様な存在になってしまったのが残念。

「鉄人」では“四番”で別枠から登場でしたね。フレンチの坂井様との違いを出すのはなかなか大変だったと思います。
それにしても、事故とは無念…。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。