【いだてん】三宅弘城がピエール瀧の代役(金栗四三)!結婚して嫁はいる?みいつけた!など

エンタメ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

宮藤官九郎作品での出演が多い俳優の三宅弘城さんが、朝ドラ『いだてん』におけるピエール瀧容疑者の代役に決定しました。スポーツ報知などは以下のように報じています

コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたテクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が出演していたNHK大河ドラマ「いだてん」(日曜・後8時)で、瀧容疑者の代役が俳優の三宅弘城(51)に決定したことが18日、分かった。後日、正式に発表される。

関係者の話を総合すると、NHKはここ数日のうちに、三宅に代役を任せることで一本化。すでに撮影に入っているかどうかは不明だが、関係各所との調整を終えたうえで、一両日中に発表する用意を整えているようだ。

「いだてん」で瀧容疑者は、主人公の陸上選手・金栗四三(中村勘九郎)が信頼を置く足袋店「播磨屋」の店主・黒坂辛作を演じていた。すでに6月放送回まで撮影は進んでいたが、瀧容疑者はストーリー上、重要な役どころで、出演シーンをすべてカットして対応するのは困難であることから、制作陣は代役で撮り直すことを決断。今後は編集作業と並行しながら、三宅で新たに撮影したシーンに差し替えていくことになりそうだ。

今回代役を務めることになる朝ドラ『いだてん』は、まさに宮藤官九郎の脚本。このキャスティングが視聴率で悩む今回の朝ドラにどのような影響をもたらすのでしょうか。


【いだてん】三宅弘城がピエール瀧の代役(金栗四三)

今回ピエール瀧容疑者の代役を務めることになった三宅弘城さんは、神奈川県横須賀市出身の俳優。大人計画に所属しており、クドカンファミリーとしても知られています。

宮藤官九郎さんがメインとなって結成されている、グループ魂のドラムも担当

視聴率で悩むいだてんは、逮捕後の放送でも1ケタ台を抜け出せなかったようで、今後の視聴率に注目が集まっています。

瀧容疑者の逮捕後、初の放送となった17日の第11話の平均視聴率は8・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。もともと瀧容疑者の登場シーンはなかったものの、6週連続で視聴率1ケタ台が続いている。制作陣は頼もしい戦力である三宅を新キャストに迎え、巻き返しを図るつもりだ。

スポーツ報知はこのように伝えていますが、金栗四三役が変わったからといって大きな視聴率上昇は望めないとの見方が濃厚です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

誰がやっても違和感は出るしそれは仕方ない。引き受けた彼に対して非難だけはしないでほしい。

脇役として顔は知ってるけど名前を知ってる人は少ないかもね
色々と大変だと思うけどチャンスなのは間違いないので頑張って下さい

いい人選です。
三宅さんにとっては、千載一遇の大チャンスですね。
これだけ演技力のある役者はそうそういないから、いだてんにとっても、三宅さんご本人にとっても良い方向に向かう事を願っています。
わたしゃ、あさが来たで大番頭役の人でもいいかもと思ったですけどね。
すんません、大番頭役の人の名前をど忘れしました。

結婚して嫁はいる?みいつけた!など

三宅さんは現在、Eテレの『みいつけた!』などにも出演しています。

彼にとっては、今回のいだてんでの代役で俳優人生が左右されるほどの大きな仕事となるでしょう。

ちなみに、プライベートでは2007年11月11日に結婚しています。

お相手は一般女性ということで写真などは公開されていませんが、ガタイが良くて喧嘩が強いと本人が語っています。

三宅 弘城(みやけ・ひろき)

1968年1月14日、神奈川県生まれ。51歳。88年、劇団「健康」のオーディションに合格し、93年「ナイロン100℃」の旗揚げに参加。2011年の主演舞台「鎌塚氏、放り投げる」が好評となりシリーズ化された。「グループ魂」では「石鹸(せっけん)」を名乗りドラムを担当。大河ドラマは「新選組!」(04年)「篤姫」(08)に続き3作目。学生時代は器械体操部に所属し、バック転も得意。

※スポーツ報知より

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。