【死因は病気?】ディックデイル(ギタリスト)が死去 代表曲ミザルー

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

アメリカのギタリストで、サーフギターの王様の異名を取るディック・デイルさんが死去しました。共同通信などによると以下のように報じています。

ディック・デイル氏(60年代に活躍した米ギタリスト)米メディアによると16日、カリフォルニア州の病院で死去、81歳。死因は不明。

37年ボストン生まれ。ロサンゼルスに家族と移り住み、サーフィンとエレキギターに夢中になり、ミュージシャンとしてプロデビュー。60年代に歌が入らない多くのインストゥルメンタル音楽をヒットさせた。「サーフギターの王様」と呼ばれ、ガレージロックやパンクなどのミュージシャンに影響を与えた。

代表曲「ミザルー」はクエンティン・タランティーノ監督の映画「パルプ・フィクション」(94年)で使われ、再び注目を集めた。

「パルプ・フィクション」は日本でもヒットし、そのなかで使われたミザルーは記憶に残っている人も多いでしょう。


死因は病気?ディックデイル(ギタリスト)が死去

報道にある通り、ギタリストのディック・デイル氏が亡くなりました。

死因については日本メディアは言及していないものの、アメリカ紙などでは『うっ血性心不全』などと報道しているところもあります。
(※ただし正確なソースは不明)

また、ディックデイルさんは晩年、直腸がんと戦っており、癌以外にもさまざまな健康問題を抱えていたことをアメリカ紙『ローリング・ストーン』が伝えています。

正確な情報が入り次第、追記致します。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ミザルーを初めて聴いたとき、メタルのギタリストの速弾きかなと思ったけど、そんな昔にすでにこんなかっこいい曲をプレイしてたとは驚いた。

還暦に近い頃の動画を改めて見ましたがすごい迫力。
サーフロックというカテゴリを定着させた1人として感謝したい。

昨年の3月にノーキー・エドワーズさんが・・・
今年はディック・デイルさん・・・
中学生の頃に夢中で聴いていた方々が逝ってしまわれるのは
とても淋しいですね。
ご冥福をお祈りいたします。
ありがとうございました。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。