【引退】カラバイヨ(元オリックス)が群馬ダイヤモンドペガサス退団!現在はトヨタで日本語に評判

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

元オリックスで外野手、一塁手として活躍し、近年はBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスにて活躍していたカラバイヨ選手が引退を発表しました。フルカウントなどは以下のように報じています。

独立リーグ・ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは25日、元オリックスのフランシスコ・カラバイヨ外野手の任意引退を発表した。現在は米フロリダ州のトヨタのディーラーで働いているという。

ベネズエラ出身のカラバイヨはアストロズ傘下マイナー、米独立リーグを経て、2009年に四国・九州アイランドリーグの高知ファイティングドッグスに入団。さらに、2010年にはBCリーグの群馬に移籍し、同年7月にはオリックスと契約した。

1年目は36試合出場で7本塁打を放つも、2011年は負傷もあって4試合の出場に留まり戦力外に。2013年は群馬に復帰すると、打点王と本塁打王の2冠でシーズンMVPに。翌2014年には3冠王に輝いた。
2015年にはオリックスに復帰。64試合出場で12本塁打をマークするも自由契約に。2016年からは再び群馬に復帰していた。

オリックス時代は強打者としての印象が強く、日本語が達者であったことから日本国内でもファンが急増。誰からも愛されるキャラでした。


引退!カラバイヨ(元オリックス)が群馬ダイヤモンドペガサス退団

今回引退を発表したカラバイヨ選手は、本人の公式HPで以下のようにコメント。

今まで応援ありがとうございました。まだ野球をやりたかったですが、アメリカのフロリダでトヨタのディーラーからオファーをいただいたのと、家族と一緒に過ごしたかったということもあり、この様な決断となりました。

カラバイヨ選手は独立リーグに移籍してからも素晴らしい成績を残していました。

元プロ野球選手としての実力は確かなもので、彼の引退を悲しむ声は多く聞かれます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

懐かしいなぁ。国内の独立リーグから加入して最初の試合でいきなり本塁打。当時あまり期待してた訳じゃなかったけど、独立リーグで打ちまくってた実力は伊達じゃないと驚かされた。
故障をしやすかったことと調子の波が大きかったことが悔やまれるが、加入1年目や復帰した年の序盤の頑張りは良かった。ヒーローインタビューでの日本語披露も素晴らしいクオリティだった。
新しい役割でも活躍期待してます。お疲れ様でした。

独立リーグではさすがの成績だったし、本人はNPB復帰を目指し続けていたのだろうけど、家族がいれば稼がねばならんからね…。
オリ入団当初は夢をみさせてもらいました。

異国で結構長い間夢を追っていたわけだし、今後は家族と一緒にという選択もまた正しいと思います。
お疲れ様でした。

確かユンケルのCMで、ピッチャー役でイチローにボールを投げる役の選手だったはず。
一時、凄い固め打ちをしていた時があって、あの頃は本当に凄かったです。
個人的に、カープの通訳さんみたいにスタッフや育成コーチとかでオリックスが採用しないかなぁ、、、なんて思ってずっと思っていました。
帰国は非常に残念ですが、どうかお幸せに!¡Buena suerte!

現在はトヨタで日本語に評判


▲カラバイヨ選手が日本語でヒーローインタビューに答える様子

報道にある通り、現在はアメリカフロリダにあるトヨタのディーラにて勤務しているとのこと。

親日家であり、日本語を積極的に学んで、インタビューなどでは流暢な日本語で受け答えをしていたのが印象的です。

アメリカで家族とゆっくりと生活をしていくことになった彼ですが、帰国してもトヨタという日本企業への就職を決めたというのは、日本人ファンにとって嬉しい決断ですね。

仕事は変わっても、引き続きカラバイヨ選手の活躍に期待したいところです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。