【死因は病気?】カールラガーフェルドが死去 フェンディやシャネルなど手がける

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

フェンディやシャネルなどのデザインを担当したファッションデザイナー『カール・ラガーフェルド』が死去しました。FASHIONSNAPなどによると、以下のように報じています。

ファッションデザイナーのカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が現地時間2月19日、パリで逝去したとBBCなど複数の媒体が報じた。享年85歳。

カール・ラガーフェルドは、1933年ドイツ・ハンブルク出身。「フェンディ(FENDI)」や「シャネル(CHANEL)」といった名だたるファッションブランドのクリエイティブディレクションやアートディレクションを務めるなど、ファッション界に貢献。“モードの皇帝”“生きる伝説”などと称され、長年にわたり第一線で活躍してきた。


死因は病気?カールラガーフェルド(フェンディ,シャネル)が死去

冒頭で報じたように、シャネルやフェンディのデザインを手がけたカール・ラガーフェルド氏が死去しました。

国内外、さまざまなメディアで訃報が報じられているものの、直接的な死因について言及されていません。

ただ、2019年2月に入ってからたびたび体調を崩していたと言われており、1月末に開催されたシャネルのコレクションにも出演をキャンセルしていたことがわかっています。

パリ郊外の病院で亡くなったということで、数週間前から何かしらの病に侵されていた可能性が高いでしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

エディスリマンの服を着るためにダイエットしたって話が大好きでした。
スタイルが良くなければ服に失礼って。

どうか安らかに。

彼はとても偉大なデザイナーでした。
彼の作りだすクリエイションは素敵でした。
ブランド毎に違うデザインを見せられる数少ないデザイナーでした。
彼のクリエイションに直に触れられた事に感謝します。
ご冥福をお祈り致します。

うわー、いいお歳なのでいつ何があってもと思いつつも常に現役感があって、亡くなるなんて想像しにくい存在だった。ご冥福をお祈りします。

これはショック。。。
思うこと感じたこと沢山あるのに、言葉にならないや。。。
シャネルが大好きです。(見栄とかじゃなくて)
アパレルに関わり個人でも服縫いとして空虚になるな。。。
ありがとうございました。
ご冥福をお祈り致します。

先月シャネルのクチュールコレクションのラストに出てこなくてなんでやって話になってたが体調崩されてたのか。
もう85歳だったのも意外だ。
まだまだ可能性がある人だと思ってた。
ご冥福をお祈り致します。

本当に本当に凄過ぎる人やと思う!こんなに高齢でファッションデザイナーの超一流何て今後現れ無いんでは?尊敬してるのでそこまで一流は無理かもだけど自分も高齢まで今の仕事頑張ってみます。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。