【死因は病気?】佐藤純彌監督が死去 作品一覧と父や兄,嫁,子供などの経歴

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

映画監督として活躍した佐藤純彌氏が死去しました。86歳でした。スポーツ報知などによると以下のように報じています。

「男たちの大和/YAMATO」、「新幹線大爆破」などで知られる邦画を代表する映画監督・佐藤純彌(さとう・じゅんや、本名同じ)さんが9日、多臓器不全の衰弱のため、都内の自宅で亡くなっていたことが17日、分かった。享年86。東大卒業後の62年、東映で初メガホン。「ヤクザもの」で監督生活をスタートさせたが、70年代以降は幅広いジャンルで名作を送り出し、97年には「北京原人 Who are you?」など個性的な作品でも知られた。遺作は2010年「桜田門外ノ変」だった。

昭和を代表する監督の1人として、数々の作品を世の中に送り出してきた佐藤さんが、静かに世を去っていた。関係者によると約3年前より消化器系疾患の診断を受けたが、手術などの治療を拒否。普通の生活を続けることを選んだ。1月19日にもマージャンに興じるなど比較的元気な様子でマージャンの調子も良かったが、今月9日、家族に見守られる中、息を引き取った。16日に通夜、17日に告別式を終えた。長男・佐藤東弥(さとう・とうや)氏が喪主をつとめる中、本人の強い遺志で家族だけで営まれた。

佐藤さんは東映入社6年目の1962年「陸軍残虐物語」で監督デビュー。ブルーリボン賞新人賞を受賞し、若いころから注目された。その後しばらくは、やくざ映画を中心に撮っていたが、フリーに転じた73年以降、ジャンルに捕らわれない作品を生み出し、一気に才能が開花した。

名作の数々を世に送り出してきた名監督の死に、映画ファンを始め悲しみの声が相次いでいます。


死因は病気?佐藤純彌監督が死去

冒頭に報じたとおり、佐藤純彌監督が死去しました。

死因は報道にもある通り多臓器不全とのことです。

以下、略歴を引用。

佐藤 純彌(さとう・じゅんや)
1932年11月6日、東京都生まれ。56年、東大文学部卒業後、東映に入社。今井正、伊藤大輔監督らにつき62年「陸軍残虐物語」で監督デビュー。73年フリーとなる。82年「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリを獲得。88年「敦煌」で日本アカデミー賞最優秀作品賞、監督賞を受賞。テレビドラマも手掛けており、代表作は「キイハンター」「Gメン75」など。08年紫綬褒章受章。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

『新幹線大爆破』しか見たことがない。映画関係者によると、監督はよそ見が多い人らしかった(笑)。よい意味でも悪い意味でも「その時代の東映」の雰囲気を持った豪快で寛容で大味の作品を作る人だったと思う。個人的に山田洋次や黒澤明を見て邦画に目覚めたので、佐藤監督の大味・大ざっぱな東映風映画はどちらかと言えば苦手だ。でも熱い心だけは感じるので機会があれば、見ていきたいと思う。

この映画を見てブラジルに行きたいなあと思ってから35年。まだその夢は叶っていません。監督、天国で安らかに。

キネマ旬報で連載していた過去の作品のエピソード、裏話を語る『映画よ憤怒の河を渉れ』が本当に面白くて、昨年単行本化された際は三千円と高値だが購入しました。御冥福をお祈りします。

作品一覧と父や兄,嫁,子供などの経歴

佐藤純彌監督の家系は学者を多く排出している家系で、父兄ともに有名な学者です。

お父様は日本刀を研究していた佐藤貫一氏。剣道に精通しており、生前は日本美術刀剣保存協会常務理事や刀剣博物館副館長などを務めました。

一方、お兄様は2019年現在も東京大学で名誉教授を務めている佐藤純一氏です。ロシア語を研究しており、佐藤純彌監督と同じ東京大学出身です。

また、お子さんは現在日本テレビにて主にテレビドラマの演出を手がけている佐藤東弥氏。

以下、佐藤純彌監督が手がけた代表作の一部です。

映画

  • 陸軍残虐物語
  • 日本暴力団 組長と刺客
  • 最後の特攻隊
  • ゴルゴ13
  • 新幹線大爆破
  • 人間の証明
  • 男たちの大和/YAMATO
  • 桜田門外ノ変

ドラマ

  • キイハンター
  • 天皇の世紀
  • 金融腐蝕列島「再生」

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。